後悔しない選択をする人の特徴【後悔する人生を選ばない方法】

後悔しない選択をする人の特徴

  • 人生後悔したくない
  • 後悔しない選択をする人の特徴が知りたい
  • 後悔する人はどのような選択をしているのか

このような悩みに答えます。

 

本記事の内容
  • 後悔しない選択をする人の特徴
  • 後悔する人にみられる傾向
  • 後悔することは何をするべきかのヒントになる

 

人は一日多くの選択をします。

大した選択ではない時や、大きな選択を迫られることもあったと思います。

 

未来のことは分かりませんし、未来にならないと正しい選択たっだのかどうかは分かりません。

なので世間一般の正しい選択ではなく、自分が納得できる選択をする必要があります。

 

今回はできるだけ後悔しない選択ができるように「後悔しない選択をする人の特徴」をまとめました。

 

たかやん

この記事で後悔しない人の特徴を知り、納得して選択することで、後悔しない選択ができます。

 

後悔しない選択をする人の特徴

後悔しない選択をする人の特徴

後悔しない選択をする人の特徴は

  • 芯がぶれない
  • 時間の使い方が上手
  • 成功するまでやる
  • 積極的に行動する
  • 受け身ではない
  • 勉強している
  • 判断軸が明確

この7つになります。

以下で解説していきますね。

 

芯がぶれない

自分にとっての軸がある人は後悔しません。

 

考えが揺らがないことで余計な考えや労力を使わなくなります。

芯がなければ色々な情報で考えが揺らぎ色々なことが中途半端になってしまう可能性があります

芯がぶれないということは人の言葉にも左右されないということです。

 

自己肯定感が高いからこそ後悔しない選択ができます。

 

時間の使い方が上手

やろうとしていることにできるだけ時間を注ぎ込みます。

 

時間を集中させているということです。

 

時間を集中させていればその分成果が出るのも早くなります。

 

別記事に時間の使い方についてまとめていますので、気になる方は参考にしてみて下さい。

時間の使い方が上手な人がしている7つの方法

 

成功するまでやる

後悔しない人は時間かけてとことん勉強や挑戦をします。

失敗は成功の通過点で成功まで頑張れば失敗ではなくなります

失敗するにしても、とことんそのことに向き合うことで後悔しなくなる可能性は高まるでしょう。

 

積極的に行動する

年齢を重ねた時に後悔することは「あの時にやっけおけばよかった」と思うことが多いようです。

 

もう年だからと行動が億劫になってしまうことは分かります。

 

しかし、致命的な傷を負わないのであれば積極的に行動したいところです。

 

行動できるかできないかは後悔しない選択するためには重要です。

 

受け身ではない

言われるがままに仕事をしていたりすると、自分の思いと反する事態になったときに強い不満、不快感が生まれます。

不満を減らすためには自主的に自分で考えて仕事をすることが必要になります

自主的に動くことで自責思考を生み出し、不満も受け身の状態よりは感じにくくなるでしょう。

 

その不満感は後悔に繋がる部分でもあるので気を付けるべきところです。

勉強をしている

仕事でも、プライベートでも楽しいこともあれば辛いこともあります。

 

辛い時に対応できる引き出しを増やすためには勉強をして知識を蓄えることが必要です。

 

何を勉強するべきかはわからなければ

  • 仕事のスキル
  • お金の知識
  • 世界の流れ・日本の流れ

など、自分に関わりのあるものの勉強を進めると良いでしょう。

 

知識を蓄えることで、あなたの見ている視野を広げることができます。

そのことが、あなたにとって後悔しない選択をできる可能性を高めてくれます。

 

判断軸が明確

判断軸が明確になっていれば選択するときにも、自分の判断軸で選択することができます。

選択するスピードも早くなります。

 

判断軸が明確になっていないのであれば、まずは自分を見つめなおすこと

  • 何を大切にしているか
  • 何をする時にワクワクするか
  • 何に価値を感じているか

 

状況により判断が難しいことも、もちろんありますが自分を見つめなおし、改めて自分がどうしたいのかを確認することが、後悔しない選択をする第一歩になるでしょう。

 

後悔する人に見られる傾向

後悔する人に見られる傾向

後悔する人にも共通する特徴があります。

 

私が以前やってしまっていたことを踏まえつつ解説してきます。

以下で見ていきましょう。

 

文句ばかり言う

自分の逃げ道を作ってしまうだけなので、文句を言うことはあまりよくないと言えるでしょう。

 

理不尽なことを言われたりすることで、文句が言いたくなることもあるでしょう。

 

特に、いつも文句を言ってるように感じる人は、

  • 環境を変える
  • 考え方を変える
  • 言い方を変える

など何かを変えないと今後、後悔する可能性が高くなります。

 

現状維持の選択をする

やっておけば良かったけどやらなかったことは現状維持を選択したことになります。

人は変化を嫌う生き物です

変化しようとすると、脳が本当にその行動は大丈夫なのかと本能的に語りかけてきます。

 

そして、色々な理由をつけて現状維持を保とうとします。

 

継続がなかなかできないというのもそういう脳の特性があるからです。

 

行動しない

どんなにこうやってみたいと思ったとしても、最後に行動しなければ変わることはありません。

思っているだけでは駄目だということ

失敗したら怖いなとか行動しても意味のないものになったら嫌だなと思うこともあるかもしれません。

 

今までの過去を振り返れば分かってくるとは思いますが、自分が成長して後悔しないためには行動するがしないかは大きく関わってくることを理解しておきましょう。

 

後悔することは何をするべきかのヒントになる

後悔は何をするべきかのヒントになる

後悔することは辛いことです。

しかし後悔をバネにして未来に活かすことにより変われるかもしれません。

 

穏やかに不自由なく暮らしているときには自分の中にある問題に気づきにくい時があります。

 

  • 不満をもつ
  • 不安がある
  • 後悔をする

などが大きくなることによって問題が表面化してきます。

 

このようなネガティブ要素が自分自身の問題に気づきを与えてくれることは「現状維持では今後、後悔する可能性が高いよ」と教えてくれているようなものです。

 

できるだけ大ごとにならないためには自分を見つめ直し、今現在どういう立ち位置、状況にいるのかを確認することです。

 

そして、未来にどういうスタンスで挑むのかで後悔しない選択をすることになるでしょう。

 

後悔しない選択をする人の特徴まとめ

後悔しない選択をする人の特徴まとめ

後悔しない選択をする人の特徴を7つ解説してきました。

 

後悔しないためにはまずは

  • まず行動をする
  • 失敗しても諦めない
  • やりたいことの知識をつける

をまず意識してみましょう。

 

失敗することによる後悔もあるかもしれませんが、挑戦しなかった、やらなかったことによる後悔の方が大きいはずです。

 

未来は分かりませんので正解は分かりませんが、自分の未来を想像して納得のいく選択をしてきましょう。

 

この記事があなたにとって、未来に起こる後悔を回避するきっかけになってくれたら幸いです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)