節約できない人がやってる5つのこと【節約が可能な方法も紹介】

節約したいのになかなかできない。

しようと思う気持ちはあるのになぜ節約できないのか分からない。

節約しようと思っている方は多くいます。

 

しかし、なかなか続かなかったりうまく節約できなかったり

何から手をつければいいのか分からない人が多いです。

 

本記事の内容
  • 節約できない人がやってる5つのこと
  • 節約するためにしたいこと

 

たかやん

節約できない人の傾向を見るとともに何から

節約を始めれば良いのか分かるようになりますよ

 

結論から言うと節約出来ない人がやってる5つことは

  • 浪費をしている
  • クレジットカードで気軽にものを買ってしまう
  • 依存していることがある・なんとなくやってしまっている
  • すべて欲を満たそうとしすぎる
  • 口で言うだけで実は節約はしようとしていない

以下で分かりやすく解説していきますね。

 

節約できない人がやってる5つのこと

 

 

浪費をしている

  • セール品を買ったが結局使っていない
  • 買ったのに着ていない服がある
  • 行きたくない飲み会
  • コンビニなどで必要以上に物を買ってしまう

 

これらの浪費に繋がることを減らすだけでも節約することができます。

他にもいろいろな浪費があります。

 

たかやん

浪費は人により様々ですので今日何に使ったのか

見返すようにした方が良いでしょう

 

浪費はストレスを発散したり欲を満たしたりしますので

すべてを抑えることは難しいとは思いますが、

出来るところからやっていきたいですね。

 

クレジットカードで気軽にものを買ってしまう

クレジットカードで物を買うのは節約に対して

悪い行為ではありません。

ただ、便利で使いやすいのでついつい

使いすぎないように注意したいところです。

 

クレジットカードのメリット

  • ポイントが付く
  • 現金を持ち歩かなくてよいので便利

 

クレジットカードのデメリット

  • 便利なのでなんとなくで買って浪費に繋がる恐れがある
  • 分割払いにすると利息が発生する

 

クレジットカードは使い方によって節約にもなるし

浪費にもなるということを理解しておきましょう。

 

依存していることがある・なんとなくやってしまっている

何か依存していることはありませんか?

 

例えば

  • パチンコやパチスロに毎週行っている
  • スマホゲームで課金している
  • タバコを吸う
  • 毎日コンビニに入る

上記のような行動をしているとなかなか節約は難しくなります。

 

継続的に出費してしまう原因です。

上記の内容以外でも依存していることを確認して

継続的に出費を伴うことは見直してみましょう。

 

すべての欲を満たそうとしすぎる

やりたいことや、欲しいものをすべて買えば

もちろん節約はできません。

 

自分に必要なものを厳選して出費は最小限に

抑える必要があります。

 

人間は好きなものを好きなだけ買うと止まらなくなる生き物です。

欲望には限界がありません。

 

自分の収入の範囲内で欲のコントロールをしていきましょう。

制限しすぎるのもストレスが溜まるので

ある程度制限してコントロールするくらいが

ちょうどいいですよ。

 

口で言うだけで実は節約しようとはしていない

しようという気持ちは持ってるが、

実際に何から節約してよいのか分からない。

 

結局そのままになってしまっているケースです。

節約しなくてもなんとかやっていけてる人に

多いかもしれません。

 

それなりに考えてやらないことには節約はできません。

 

節約出来ない人が節約するためにしたいこと

まず以下の3つ見直していけば節約やお金を

貯めることにつながります。

  • 固定費を見直す
  • 家計簿をつける
  • 収入の10分1を貯金にする

以下で解説していきます。

 

固定費を見直す

固定費も色々とありますね。

例えば

  • 保険
  • 通信費
  • 電気代
  • 家賃
  • 車両保険・車のローン

 

自分自身が固定費は何にいくら使っているか計算してみると

意外に多いと気付くかも知れません。

 

1000円でも2000円でも節約出来れば、年間1万円、2万円になります。

固定費を見直すことは大きなパワーになります。

 

家計簿をつける

家計簿を付けれるようになると、自分が何にどのくらい

お金を使っているのか分かるようになります。

 

普段は何気なく使っている物でも、

後で振り返ってみると、本当に必要だったか

確認することができます。

 

家計簿をつける

収支がわかる・何につかっているか明確になる

出費をするとき本当に必要なものか考えるようになる

家計簿をつけるということは、

お金の流れを把握するということです。

 

把握をすれば次に物を買う時に以前は

なんとなく買っていたものが自分にとって

大事なものか検討するようになります。

 

最初に収入の10分1を貯金すること

まず収入の10分の1を貯金に充てて

残りの10分9で生活を考えていくということ。

 

残ったお金を貯金しようと考えると欲に負けて

ついつい浪費するきっかけになったりします。

 

まず収入の10分1を貯金することが

出来れば間違いなく節約出来て、貯金は増加していきます。

 

関連記事

ストレスなく節約するたった1つの考え方【自分優先で出費を抑える】

食費は節約しない方が良い3つの理由【無理しない節約方法も紹介】

節約は楽しく継続できるようにしよう

節約ができない5つのことを解説しました。

  • 浪費をしている
  • クレジットカードで気軽にものを買ってしまう
  • 依存していることがある・なんとなくやってしまっている
  • すべて欲を満たそうとしすぎる
  • 口で言うだけで実は節約はしようとしていない

大切なのはお金の管理の仕方。何気なくでは出費も大きくなってしまいます。

 

節約するためにしたいことも3つ解説しました

  • 固定費を見直す
  • 家計簿をつける
  • 収入の10分1を貯金にする

 

節約は楽しく継続してこそ続くものだと思っています。

ストレスが溜まらないように出来そうなところから

取り入れてみて下さい。

 

節約をするヒントにしてもらえれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)