文句を言う人の思考【対処法あり】

あなたの周りには文句を言う人はいますか?

文句を言う人に悩んでてどうすればよいか困っている人もいるかと思います。

 

この記事は

  • 文句を言う人の思考
  • 文句を言う人の対処法

を知りたい人に向けて書いています。

 

文句を言う人の思考

文句を言うは多いと思いますが何故そうなってしまうのか

例に挙げて書いていきます。

 

自分中心の考え方

他人の考えがあまり理解できなくて自分の感覚でしか判断できない人がいます。

自分の思い通りにならないことで文句を言うことに繋がります。

 

自分の思っているイメージとのギャップに不満があったり

自分の思い通りに進んでなくて文句を言ってきたりする場合があります。

相手の気持ちをあまり考えていない人に多いです。

自分の価値観を相手に押し付けている場合に文句を言ったりします。

 

ストレス発散のため

そのことに文句を言ってるというよりも、ストレスが溜まってることによって

感情的になりやすくなって文句に言ってしまったと考えられます。

言い方を変えれば八つ当たりや、とばっちりのような感覚です。

 

ストレスが極度に溜まっていると、些細な事でも抑えられずに文句として言葉に出ます。

このような状況に遭遇したときは時間をおいて様子を見るのも1つの手段です。

 

自分を正当化している

人に文句を言うことで相手悪いという事を印象付けて

自分が間違っていないと正当化します。

 

自分が悪く言われたくない時、自分を守りたい時に

周りを悪くいう事があります。

 

優越感に浸る

文句を言って他人を落とすことによって自分を高く見せたりします。

上司や位の高い人に見られる傾向です。

 

自分は下に見られたくない人、プライドが高い人に見られます。

 

口癖になってしまっている

自然に口から出てしまっているパターンです。

悪気なく言ってる場合もあります。

 

いつも文句を言って口癖になっている場合があります。

そのときは、100%真剣に話を聞かずに受け流すくらいの気持ちでいましょう。

 

 

文句を言う人の対処法

文句を常に言ってくる人には以下に気を付けて行動してみて下さい。

 

この人はこういう人なんだと思う事

人はそう簡単に変われるものではありません。

仮に文句を言うことを指摘したとしても、

更に文句の度合が強くなる可能性が高いです。

 

この人はいつも文句を言う人なんだ」と割り切って

付き合っていった方が良いでしょう。

 

あまり話を真剣に聞きすぎないようにする

あまり真面目に話を聞きすぎてストレスをため込まないようにしましょう。

 

ストレスをため込むことで、ネガティブに陥りやすくなるし

感情的になりやすくなって人に当たりやすくなることにも繋がるので

あまり話を真剣に聞きすぎない方が良いでしょう。

 

「そうですね」「わかりました」「すいません」「気を付けます」等

最小限の言葉で済ませ、文句を言われる時間を最小限にしましょう。

 

出来るだけ距離を取る

物理的に接触しない会わないに越したことはありません。

 

出来るだけ会わないようにし必要以上に話さずに

会話は最小限度にとどめておくという事です。

 

 

場合によっては転職することも視野に入れる

どうしても、上記のような方法でも改善が難しい場合は

転職を考えることも必要になるかもしれません。

 

この先ずっと文句を言われることでストレスを抱え、

精神的にも辛い場合は転職をすることは1つの方法です。

 

自分がより良く楽しく生活するために場合によっては

考える必要があるでしょう。

 

文句を言わない人はどんな人?

逆に文句を言わない人はどんな人か?

  • ストレスを感じていない
  • 心に余裕がある
  • 相手の気持ちになって考えることができる
  • プラス思考、ポジティブ思考の人

日々このような気持ちを持つことで

自分自身が文句を言う側に回らないように気を付けることが可能です。

 

特にストレスが溜まっていると感情的になりやすくなり、

自分ではマインドのコントロールがやりにくくなります。

いかにストレスを溜めないようにするか、工夫が必要になってきます。

 

文句を言う人の思考、対処法のまとめ

ここでは文句を言う人の思考と対処法を中心に解説してきました。

文句を言う人の思考は

  • 自己中心の考え方
  • ストレス発散のため
  • 自分を正当化している
  • 優越感に浸る
  • 口癖になってしまっている

 

対処法は

  • この人はこういう人なんだと思う事
  • あまり話を真剣に聞きすぎないようにする
  • 出来るだけ距離を取る
  • 場合によっては転職をすることも視野に入れる

うまく取り入れられるところがあれば参考にしてもらえればと思います。

 

ストレスが溜まったりやネガティブ状態になっていればいつでも

文句を言う側にもなります。

対処法を踏まえつつ文句を言う側に回らないように

注意したいですね。

 

最後まで、読んでいただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)