お金に困らない人の特徴9選【未来を意識したりイメージすることが必要】

お金に困らない人の特徴9選

  • 将来お金に困らないか不安
  • お金に困らないためにやるべきことが知りたい
  • お金に困らない人生を歩みたい

このような悩みに答えます。

 

本記事の内容
  • お金に困らない人の特徴
  • お金に困らないために意識するポイント

 

将来、お金に困ることがないだろうかと不安になることもあるかと思います。

 

何もしなければその不安が現実になるかもしれません。

 

今回はお金に困らない人の特徴をまとめました。

 

たかやん

お金に困らない人の特徴や意識のポイントを把握することでお金に困らない未来を描くことが出来ます

 

お金に困らない人の特徴9選

お金に困らない人の特徴

お金に困らない人の特徴を知り、あなたがお金に困らないためのヒントにしてもらえればと思います。

 

以下で見ていきましょう。

スキルや経験を持っている

あなたには「このスキルがあるから食べていける」というスキルを持っていますか?

 

まだそのようなスキルがないのであれば、自分なりのスキルを確立することでお金に困らない土台を作ることが出来ます。

 

スキルは会社で得てもよくてプライベートな時間に勉強することで得ても良いです。

 

あと経験するということも大切で、人から聞いても分からない部分

  • こういう気持ちになるのか
  • こういう体験もできるのか
  • こういう発想があるのか

等は自分で経験することで将来の貴重な財産になるかもしれません。

 

お金よりも時間を大切にしている

お金の優先度は高くても良いのですが、それよりもお金に困っていない人は時間を大切している傾向にあります。

 

お金に困らないためなら「お金が最優先でしょ」と言われるかもしれません。

時間をお金よりも優先させる理由は「時間は有限だから」です。

そして時間はお金を生むことも知っています。

 

今からの時間の使い方次第でお金に困るのか、困らないのかは決まってきます。

 

別記事にて時間の使い方を解説しています。

時間の使い方が上手な人がしている7つの方法【知ってるだけで他と差がつく】

 

環境の変化に対応できる

日々環境は変化しています。

 

特に、最近は新型コロナの影響で大きく環境が変化しました。

「変化したから仕方ないよね」で終わらせるよりも「こういう時期だからこそ、このようにした方がよりよくなる」という意識を持つことが大切です。

変化することはあまり好きではない人が多いと思います。

 

最初は大変ですが、変化を積極的に求めると慣れていきます。

 

それは、お金が困らないために繋がってくるとわかっているなら変化にも少しずつ慣れていくはずです。

 

挑戦する

挑戦するというのはリスクがあると考える人もいるかもしれません。

 

しかし、挑戦しない方がリスクが高くなる可能性が高いです。

 

なぜかというと、いざというときに動けなくなってしまうからです。

 

今では、会社に入れば一生安泰な時代は終わりました。

 

大企業でもリストラなどで職を失う可能性があります。

今は順調に進んでいても未来にお金の困らない体質を作るには挑戦が必要です。

 

出費が少ない

現実的に毎月、お金を蓄えていけることはお金に困らない状態を作ります。

 

ただ、収入があればお金を蓄えられるかというとそうではありません。

 

収入以上にお金を使えば当然蓄えられません。

 

収入はそう簡単に上げられるものではないですが、支出は改善すれば減らすことが出来ます。

 

見直すべきところは

  • 車両関係費
  • 保険代
  • 携帯代などの通信費
  • ほとんど使っていない定額サービス

 

抑えるべきところは固定費が中心になっています。

 

なんでもかんでも抑えるのではなく必要なものにお金を払えているか確認してみましょう。

 

たかやん

必要なものに必要なお金をだしている感覚を知ると自然と出費は少なくなってきますよ

 

モノやサービスはお金の安さ、高さを先に見るのではなく価値で見ていきましょう。

 

人との関係を大切にする

人との関係を大切にすること。

そして、お金を使うのであれば人との関係にお金を使うことで、お金が回りまわって返ってくることがあります。

仕事をするにも人と人との関係がとても大切です

人との輪を広げることで、

  • マインドは安定しやすくなる
  • 情報が入りやすくなる
  • お金の流れが良くなる

などの様々な良い効果をもたらしてくれます。

 

あなたは

  1. 人との関係を大切にしている人
  2. 自分のことだけ大切にしている人

お金に困っていたらどちらを助けたいですか?

 

自分ごとに様に考えることにより取るべき行動は見えてくるでしょう。

 

常にチャンスを探している

なにげなく過ごしているときと、チャンスを探しているときでは、チャンスを探しているときの方がチャンスは運に巡り合える可能性が高くなりやすいです。

 

それは、今の時代情報が多すぎるからです。

チャンスが目の前にあっても気づかないことがあります

チャンスをつかむための要素も色々ありますが、まずは意識してアンテナを張ることから始めてみましょう。

 

健康を第一に考えている

仕事をするためにも、ちゃんと動けないことには仕事になりません。

 

健康であるためには

  • 運動をする
  • 栄養をとる
  • 睡眠をとる
  • ストレスをためない

など気を付けるべきところは様々です。

 

健康であるうちには健康の大切さは分かりにくいかもしれませんが、不自由になったこと想像して見て下さい。

 

健康である限り、お金も生み出せるし、幸せも感じやすいので健康を第一に意識してみましょう。

 

価値あるものにお金を使う

折角稼いだお金なので、価値のあるものを買いましょう。

 

当然ですが、買ったものは何分か、何時間か働いた給料から買っています。

働いた分に似合ったものが買えているかがポイントになります

そのような意識でお金を使うと、より効果的にお金を使うことができます。

 

もちろん、満足度も高くなるでしょう。

 

お金に困らないために意識するポイント

お金に困らないために意識するポイント

お金に困らないための意識するポイントをまとめました。

 

大事なポイントを詳しく解説していきますので見ていきましょう。

 

お金を最優先にしない

お金を最優先にしてしまうと、お金を稼ぐためには他を抑える必要が出てきます。

 

環境にもよりますがお金を最優先にしてしまうと、体を壊す可能性が高くなります。

 

それは体のことよりもお金の優先度を高くしているからです。

 

たかやん

体が動かなければお金を稼ぐことも難しくなるので体のことは最優先していたわってあげましょう

 

特にメンタルが強くない人は、何を大切に優先させるのか考える必要があります。

 

人生の幸福度を高めることが大事で幸福度が高まる行動を積み重ねていくことで、結果的にお金に困らないことに繋がります。

 

勉強をする

お金に困らない体質を作るためには勉強するのはポイントの1つです。

 

具体的にはマネーリテラシーを付けること

 

マネーリテラシーとはお金の知識を活かす、活用することになります。

 

お金に困らないために何をすればいいのかわからない人はまずはマネーリテラシーについて勉強することをおすすめします。

 

睡眠は十分にとる

基本的には睡眠時間は十分に確保する必要があります。

 

無理して睡眠時間を削ったとしてその分ツケが日中に回ってきます。

 

眠くなったりしてパフォーマンスが落ちたり、失敗が増えたりすることになるでしょう。

 

集中力が落ちて勉強しても頭に入っていかないということにもなるので、睡眠を十分にとることは大切な部分です。

 

今だけ良ければという意識は捨てる

未来の状況を想像してみて、出来れば数字で書き出すのが良いです。

 

今後、何にどのくらいかかりそうかということを具体的に考えてみましょう。

 

そこで、少し未来はお金に困りそうな可能性があるなと感じるなら解決方法を探ってみましょう。

 

ゆっくり進めて構いません。

時間の経過とともにお金に困りそうで行動した人としていない人には大きな差が生まれている可能性が高いです

 

お金に困らない人になるためには

お金に困らない人になるには

  • お金に困らない人特徴
  • お金に困らないために意識するポイント

を解説してきました。

 

今、自分は何のスキルもないと感じていても問題ありません。

 

  • 自分にとって得意なこと、好きなことをみつけること
  • 勉強をして、それを継続すること
  • 環境の変化についていくこと

上記のことが出来ていればそう簡単にお金に困ることはないと考えます。

 

これを機会にお金に困らないためには自分で出来ることから探っていきましょう。

 

この記事があなたにとってのヒントになれば幸いです。

 

最後まで、読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)