ストレスを感じやすい人の特徴3選【ストレスを減らす受け取り方】

ストレスを感じやすい人の特徴3選

  • 気にしすぎてストレスを感じやすい
  • イライラしやすい
  • ストレスと上手に付き合うコツを知りたい

そのような悩みに答えます。

 

本記事の内容
  • ストレスを感じやすい人の特徴
  • ストレスの原因
  • ストレス解消法

 

最近は新型コロナの影響もあり

ストレスを今まで以上に

強く感じている人が多いように感じます。

 

人のタイプによっても

ストレスの感じ方は様々です。

 

あなたの感じているストレスの正体を

この記事を通して確認し

ストレス軽減させるきっかけになります。

 

【結論】ストレスを感じやすい人の特徴は

  • 受動的である
  • 余裕がない
  • 気を使いすぎる

になります。

 

以下で詳しく解説していきますね。

 

ストレスを感じやすい人の特徴3選

ストレスを感じやすい人の特徴

ストレスを感じやすい

タイプや状況を書き表しました。

 

さっそく以下を見ていきましょう。

 

受動的である

人のタイプには受動的か主体的かの

タイプに分かれます。

 

受動的とは言われたことだけをやっている状態です。

 

主体的は自分で考え行動する状態になります。

 

自分で主体的に行動していく分には

ストレスが溜まりにくいです。

 

なぜなら、自分で納得したうえで

行動しているからです。

 

自分が納得できてないなら

受動的といえるでしょう。

 

たかやん

自分の行動に納得して進めることがストレスを軽減させる近道になりますよ

 

余裕がない

余裕がないと狭い範囲でしか

物事が見えなくなってしまいます。

 

視野が狭くなれば判断を間違いやすくなり

ストレスが溜まりやすくなることにも

つながります。

 

余裕がなくなる前に気を付けることは

  • 優先順位を決める
  • それはあなたがする必要があるのか(人に頼めないか)
  • 時間を短縮できる方法はないか

 

余裕がなくなってから考え出しても

ストレスだけが増える結果になりかねません。

 

先手先手の行動で余裕を確保し

ストレスがかかり過ぎないように

気をつける必要があります。

 

気を使いすぎる

周りの目が気になって必要以上に

気を遣い過ぎている人がいます。

 

気を遣うことも必要な時はあるかと思います。

 

しかし、気を使いすぎて

ストレスによりあなたの調子を

悪化させてしまうなら見直すべきです。

 

人の気を遣う前に

まずあなたの体調を気遣いましょう。

 

ストレスの原因を知る

ストレスの原因

あなたの何が原因で

ストレスを抱えているのかは重要です。

 

原因さえ分かれは対策打ちやすくなります。

 

多くの人が抱えている原因を見ていきましょう。

 

人間関係に不安がある

多く人のストレスの原因は

人間関係にあると言われています。

 

逆に言えば人間関係さえ良ければ、

大抵のストレス問題は

解決することになります。

 

誰でも合わない人はいます。

100%合うことはありえません。

 

だから人間関係は難しいとも言えます。

では、どうすれば良いのか。

 

合わない人とは

  • 必要最小限の会話にとどめる
  • 出来るだけ距離をとる
  • 出来れば環境を変える

 

そうすることで

ストレスの感じ方が変わってきます。

 

お金に余裕がない

お金に余裕がない場合は

買いたいものも買えなくて

ストレスを感じるかもしれません。

 

お金に関して、貯める力をつけることで

お金がないことによる

ストレスは軽減できます。

 

お金を貯めるためには

  • 収入を増やす
  • 支出を減らす

この2種類しかありません。

 

お金に余裕がなくてストレスを感じるなら

以下の記事はお金の余裕を作るための

ヒントになるかもしれませんので

気になる方は参考にしてみて下さい。

お金がなくなる行動5つの注意点【失ってからでは遅い】

 

健康面に不安がある

健康面のストレスの軽減の

仕方はシンプルです。

 

今現在病気になっているなら、

病気を改善させること。

 

未来の健康に、

不安やストレスを感じるなら

運動して健康を損なわないように

ケアをすることです。

 

ストレスを感じやすい人の解消法

ストレスを感じやすい人の解消法

ストレスを解消するのは人に

よって変わってきます。

 

  • きれいな景色を見に行く
  • カラオケで大声で歌う
  • 映画を見て泣きまくる

 

以上のストレス解消法でピンときた人

もいればきてない人もいるかと思います。

 

ストレスを解消するにあたって

「このやり方がストレス解消になるな」と

いうのを見つけることで

うまくストレスをコントロール

することができます。

 

別記事にてストレスの解消の方法を

まとめていますので参考にしてみて下さい。

ストレスが発散できない人の対処法【2パターン15種類で解説】

 

考え方、言葉の受け取り方を変えることでストレスを感じにくくする

考え方を変えることでストレスを感じにくくする

解消することも大事ですが、

考え方を変えることで

ストレス抱えにくくすることもできます。

 

余計なストレスを抱えないためにも

抑えておきたいことを3つ書き出したので

見ていきましょう。

 

気を抜くことが必要

ストレスをコントロールするにあたり

メリハリをつけることは大切です。

 

ストレスを感じているなと

思うときは深呼吸をする。

 

これだけでも結構違います。

 

これはON,OFFをつけたり、

一服落ち着かせるということでもあります。

 

たかやん

ストレスは積もり積もって体に影響が出てきたりもしますから、適度に気を抜いて定期的なストレスの発散を意識してみましょう。

 

完璧主義者を目指さない

自分に厳しく完璧を目指すのは

自分を成長させる面で

素晴らしいとは思います。

 

しかし、自分の思い通りに完璧に

いかない場合はストレスも

かなりかかることになります。

 

このようなタイプの人は、

無理をし過ぎてしまうタイプです。

 

体を崩してしまえば、

やりたいことや仕事も出来なくなるので

完璧を目指すのであれば

健康面からめざしましょう。

 

マイペースで進めることが大切

あなたにとって

楽なペースで進めることにより

ストレスを抑えることが出来ます。

 

しかしマイペースでは出来ないことで

ストレスがかかることも多いですね。

 

マイペースで進めるためには

  • 断る勇気をもつ
  • 一日の流れを決める
  • 予定を詰め込み過ぎない

 

人から頼まれることによって

予定が変わることもあるでしょう。

 

頼まれた予定をいかにマイペースに

組み入れるかがカギになります。

 

余裕がない時は、協力を促したり

正直に断ることも必要になります。

 

ストレスと上手に付き合おう

ストレスと上手に付き合おう

  • ストレスを感じやすい人の特徴
  • ストレスの原因
  • ストレスの解消法
  • 考え方を変えることでストレスを感じにくくする

以上ストレスに関して解説しました。

 

言われた言葉によっては人により

受け方が変わるときがあります。

 

ストレスを強く受ける人もいれば、

全然ストレスを感じなかった。

ということもありえます。

 

言葉の受け取り方がストレスとの

付き合い方のカギになります。

 

今回の記事がストレスとの

付き合い方のヒントになれば幸いです。

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)