仕事を失敗して落ち込む時の立ち直り方5選【失敗は成長するもの】

仕事で落ち込む時の立ち直り方5選

  • ミスしたときになかなか立ち直れない
  • 仕事でよく失敗してしまう
  • 落ち込んだ時の立ち直り方が知りたい

そのような悩みに答えます。

 

本記事の内容
  • 仕事で失敗して落ち込む時の立ち直り方5選
  • 仕事で失敗しやすい人の特徴
  • 仕事で落ち込みやすい人の特徴

 

仕事で失敗することがあると思いますが、

人は誰でも失敗するものです。

 

失敗によっては落ち込みから

なかなか抜け出せないこともあるでしょう。

 

今回は落ち込んだ時の

立ち直り方を解説していきます。

 

考え方や対処方法が分かることで

落ち込む時間を少なく新たな気持ちで

前に進めるようになるでしょう。

 

では、以下で解説していきますね。

 

仕事で失敗して落ち込む時の立ち直り方5選

仕事を失敗して落ち込む時の立ち直り方5選

 

落ち込む時の立ち直り方は以下の通りです

  • 失敗は誰でもしてしまうもの
  • ストレス発散や気分転換をする
  • 失敗をすることで成長をしていると感じること
  • 同じ失敗をしないように対策をすること
  • 周りに相談し意見を仰ぐこと

以下で詳しく見ていきます。

 

失敗は誰でもしてしまうもの

失敗にも大小あるかとは思いますが、

あなたの上司でも失敗の経験はあります。

 

失敗の積み重ねで経験値を得て

成長することもあります。

 

仮に同じ失敗をした場合は

なぜ?同じ失敗をしたのか

見つめなおすことです。

 

どうすれば同じ失敗をしなくなるのか

考えて改善を加えてみましょう。

 

ストレス発散や気分転換をする

仕事をやっていれば落ち込んだり

ストレスが溜まってしまうことは

当然あります。

 

その時にあなたに合った、ストレス発散、

気分転換をすることが必要になります。

 

  • マッサージをしてもらうと気分がスッキリする
  • 自然の景色に触れるとストレスが発散される感じがする

 

など、あなたに合った

気持ちのコントロール方法を

確立しておくことで気持ちの切り替えが

スムーズになり前向きな気持ちで

仕事に向き合えるでしょう。

 

別記事にて

ストレス発散の方法を解説しています。

ストレスが発散できない人の対処法【2パターン15種類で解説】

 

失敗することで成長していると感じること

失敗したりすることは決して

悪いことではありません。

 

落ち込むこともあるでしょう。

 

しかし、

「このようにすると

ミスが出やすくなるから

こういうやり方に変えよう」

 

このことが失敗による改善で

成長してる証になります。

 

失敗することで、

他の失敗しそうな所にも

気づくかもしれません。

 

失敗することで新たな発見が出来ると

前向きにとらえることで

ポジティブになれる気がしませんか。

 

同じ失敗をしないように対策すること

同じ失敗を繰り返さないように

対策を講じることによって、

あなた自身が安心することになります。

 

なぜ失敗をしたのかを追求することと、

どうすればその失敗をしないのか

考えることが大事です。

 

注意してほしいのが決して自分が悪いと責めないこと

 

自分を責めても解決はしないので、

課題を克服すれば成長につながると

前向きにとらえましょう。

 

周りに相談し意見を仰ぐこと

失敗に対して真摯に向き合えば、

落ち込む必要はありません。

 

対策が思いつかなくても、

正直に上司や同僚に

相談してみるのが良いでしょう。

 

早く行動に移すことによって

落ち込んでいる時間を

減らすことが出来ます。

 

分からないときには正直に

相談するところがポイントです。

 

仕事で失敗しやすい人の特徴

仕事で失敗しやすい人の特徴

失敗しやすい人の特徴を知ることで

失敗しないようにするために

どのようなスタンスでいるべきか

確認することが必要です。

 

失敗しやすい人の特徴を

まとめていますので以下で解説してきます。

 

余裕がない状態が続いている

余裕がない人は以下の2パターンに分かれます。

 

  1. 仕事がいっぱいありオーバーフローの状態
  2. 効率が悪く作業が進まない

 

1の場合は正直に周りに相談するか、

仕事を周りに頼むこと。

 

出来ればオーバーフローになる前に

相談したり、頼むことが好ましいです。

 

2の場合は仕事の効率化を図ることです。

 

今までやっていたやり方と違う方法で

早くできる方法がないのか試すこと。

 

昔からの流れでやってしまっている場合は

以外と改善の余地があったり

無駄な作業があったりします。

 

情報の共有が出来ていない

必要な話を聞いていなかったり、

または話していなかったりすることは

失敗を発生させる引き金になったりします。

 

勘違いして聞いていたとか、

勘違いをさせてしまっていた場合も

失敗につながる原因になりえます。

 

コミニュケーションを密にとって

作業を進めることは

失敗を防ぐことになるので

大切にしておきたい部分です。

 

メモを取らない

頭のなかで管理するにも限界があります。

 

年齢を重ねるにあたり、

記憶力も低下して

忘れっぽくなってしまいます。

 

メモを取ることで

  • 再確認する必要がなくなる
  • 忘れても思い出せる
  • アウトプットすることで頭に残りやすい
  • 優先順位を決めやすい

 

メモは過去のあなたが作った

資料になり未来のあなたを

助けてくれることもあります。

 

メモを取ることで失敗を

最小限にすることができます。

 

仕事で落ち込みやすい人の特徴

仕事で落ち込む人の特徴

次に落ち込みやすい人の特徴をまとめました。

落ち見やすい人も共通点がありますので

以下で見ていきましょう。

 

完璧主義な人

80点90点くらいの結構できの良い状態でも

悪かった1つ2つに注目して

落ち込んでしまいがちです。

 

完璧を目指してしまうと、

それ以外の結果は

ストレスを生むことになるので

注意する必要があります。

 

他の人にも完璧を求めてしまう傾向があるので考え方を柔軟にして注意する必要があるでしょう

 

そうしないと、会社の人との関係を

悪化させることに繋がりかねません。

 

人と比べる人

できる人と比べてモチベーションが

上がるのなら良いのですが、

落ち込んでしまうのは意味がありません。

 

もし比べるなら、昔のあなたと比べること

 

昔の、あなたと比べることで

成長を感じることができるはずです。

 

分析するうえで他人と比較することは

悪いとは思いませんが、落ち込むのなら

他人と比較することはやめましょう。

 

自分のせいだと責めてしまう人

失敗をしてしまって

自分を責めてしまうかもしれません。

 

でも、それは起こってしまったこと。

自分を責めても解決にはなりません。

 

ミスしてしまったな

と感じることで十分です。

 

自分責めれば落ち込みが深くなりますから、

仕事にも影響が出るかもしれないし、

新たな失敗を起こすことにも

つながりかねません。

 

自分を責めずに気持ちを切り替えることが

落ち込まない1つのポイントになります。

 

失敗して落ち込む時に自分を責める必要はない

自分を責める必要なし

この記事で一番伝えたい内容が

上記で何回か出てきてるとは思いますが、

失敗して落ち込む時に

自分責める必要はないということです。

 

上司には「反省しろ」とか

いわれるかもしれないので、

反省している姿勢は見せておきましょう(笑)

 

でも大事なのは反省している姿よりも

改善してどう良くしていくかに

フォーカスするべきだと思っています。

 

ちゃんと改善出来ていれば

上司も納得せざる負えませんからね。

 

なので、落ち込む必要もないし、

自分を責める必要もないのです。

 

仕事で失敗して落ち込む時の立ち直り方まとめ

仕事で失敗して落ち込んだ時の立ち直り方まとめ

失敗して落ち込んだ時の対処法を解説してきました。

  • 失敗は誰にでもあるので気にするな
  • ストレス発散や気分転換のあなたに合った方法を探っておく
  • 失敗することでやるべきこと、やらないといけないことが見えてくる
  • 失敗を対策することで心の安心感が増す
  • あなた一人で抱え込む必要はない、周りも頼っていい

 

失敗が起こしてしまうと

ついつい考えてしまうことが

「自分を責めること」です。

 

少しの時間は反省するにしても、

長い間落ち込む必要はありません。

 

失敗は個人で起こすというよりは、

会社の仕組みが不十分とか、

コミュニケーションはちゃんと

取れていなかったとか

そういうことである可能性が高いです。

 

失敗するにしても今後失敗しないために

仕組みづくりに力を注げば落ち込むことは

少なくなっていきますよ。

 

この記事が失敗して落ち込んだ時の

ヒントになれば幸いです。

 

最後まで、読んでいただき

ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)