失敗して落ち込む時の対処法5選【仕事でのミスからの立ち直り方】

失敗して落ち込む時の対処法

  • 落ち込んだ時の対処法が知りたい
  • できれば落ち込みたくない
  • 失敗したくない

そのような悩みに答えます。

本記事の内容
  • 失敗して落ち込む時の対処法
  • 失敗しないようにするためには

仕事で失敗したときに、落ち込んだことのある人は多いかと思います。

 

まじめで責任感の強い人は、特に失敗したときは深く落ち込んでしまうことも多いでしょう。

 

今回は、失敗しても落ち込まないようにする方法や行動を解説していきます。

 

考え方を転換をすることで、失敗したときに取るべきマインドを以下で探っていきます。

 

たかやん

この記事を読みことで、失敗しても不思議と落ち込まないマインドを学ぶことができますよ

 

失敗して落ち込む時の対処法

失敗して落ち込む時の対処法

失敗して落ち込む時の対処法・考え方についての結論は

  • 自分を責めない
  • 落ち込んだりストレスを感じた時の発散方法を見つけておく
  • 環境を変える
  • 時間が解決する
  • 失敗することで成長する

この5つになります。

 

考え方・対処の仕方を把握しておくことで、気持ち的にもだいぶ楽になります。

以下で、解説していきますね。

 

自分を責めない

仕事で失敗してしまった場合でも、自分のことを責める必要はありません。

会社にそのような失敗を防ぐ仕組みが、なかったということです

自分が失敗しなくても、他の人が失敗していた可能性だってあったということになります。

 

次に、同じ失敗をしない仕組みを作ることで自分ためにもなるし、会社のためにもなるのです。

 

なので、落ち込む必要はありません。

 

落ち込んだりストレスを感じた時の発散方法を見つけておく

「落ち込む必要はない」と頭では分かっていても落ち込んだり、ストレスを感じたりするものです。

 

そのような時は、気持ちを切り替えるきっかけになる行動をとること。

  • 友達と話す
  • カラオケで思いっきり歌う
  • 美味しい食べ物を食べに行く

など、人により落ち込みを解消する方法は様々です。

 

別記事に発散方法を解説しているので、参考にしてもらえればと思います。

ストレスが発散できない人の対処法

環境を変える

落ち込みが続くようだったり、長期的に改善しないような場合は、環境を見直すことも大事だと考えます。

 

落ち込みが酷くなれば、鬱になる可能性も高まるので注意が必要です。

 

環境を変えるとは例えば

  • 引越しをする
  • 仕事を変える
  • 関わる人を変える

などなかなか難しいこともありますが、環境が変われば自分のやることや見えている視野まで変わってきます。

 

まずは、落ち込みの原因を探ることが大切で、その原因に合った対処をすることがカギになります。

 

時間が解決する

人は、一生落ち込みっぱなしの人なんていません。

 

昔はひどく落ち込んだ人でも、何年か経ったときに「そんだけ落ち込んだこともあったな~」と思うことは多いかと思います。

落ち込んだことすらも忘れているかもしれません。

 

時間の経過によって落ち込みが回復したり、何かのきっかけによって前に進めようになったりします。

すぐには解決しなくても長い時間が経つことで結果、落ち込みから回復しているということです

時間が次なる道を示してくれることで、落ち込みから回復できます。

 

なので、失敗しても時間が解決するという考え方でいくと、落ち込みににくくなるはずです。

 

失敗することで成長する

失敗をすることは悪いことと捉えがちですが、失敗することで致命傷にならないなら、するべきだと思っています。

 

「いっぱい失敗してしまう」という人はそれだけ成長しています。

 

こうすれば、失敗するというノウハウを失敗した分、持っているからです。

失敗することは意味のないことではなく、貴重な経験値を得ているので、落ち込む必要はありません

失敗しても問題ないんだというスタイルでいると、気が楽になると感じれるでしょう。

 

失敗しないようにするためには

失敗しないようにするためには

いくら失敗することは悪いことではないと、いってもやっぱり失敗はしたくないものです。

 

特に同じようなミスをすると落ち込み可能性が高いので、同じ失敗を繰り返さない観点から失敗を防ぐ方法を解説していきます。

 

確認する

特に大事なこと、失敗が出来ないことがある場合は、一度ではなく何度も確認します。

それは、思い込みによるミスもあるからです。

 

  • 多分大丈夫だろう
  • 多分誰かがしてくれるだろう
  • 多分なんとかなるだろう

多分~だろうは、失敗を起こすことに繋がる考え方です。

 

怪しいとこがあれば、人に確認と取ってみたりすることで、自分自身も安心できるし再確認にもなります。

 

余裕を保てるように工夫する

余裕がないと失敗はしやすくなってしまいます。

 

それは、視野が狭くなるからです。

それにストレスも貯まりやすくなります。

 

視野が狭くなれば周りのことが見えにくくなるので、仕事をするにしても良いパフォーマンスを発揮することができません。

 

今現在、余裕がなければ余裕を保てるように工夫すること。

 

例えば

  • 仕事の効率化を図る
  • 他の人でも出来そうな仕事はやってもらう
  • 上司や周りの人に状況を伝える

余裕を保てれば落ち着いて仕事をすることができ、失敗することも減っていくはずです。

 

メモを取る

忘れっぽい人は特にですが、メモを取る癖をつけることは大切だと考えています。

 

人は、忘れる生き物だと思っているので、全てのことを覚えていることは不可能です。

 

メモを取ることで思い出すきっかけを与えてくれます。

 

  • メモを取る癖をつける
  • メモを取ったものを身につく所に置く

をセットにすることで忘れるという行為を防ぐことになり、失敗を防ぐことにも繋がるでしょう。

 

失敗して落ち込む時の対処法のまとめ

失敗して落ち込む時の対処法まとめ

失敗して落ち込む時の対象法を解説してきました。

 

ざっくり説明すると

  • 失敗することは悪ではないということ
  • 致命傷にならない失敗は成長のためにはした方が良いということ
  • 成長してるので落ち込む必要はないということ

失敗に対する考え方を変えてみることであなたのマインドが良い方向に変化していけばうれしいなと感じています。

 

失敗するときは、大きなミスよりも小さなミスをしやすいものです。

 

それは、大きなミスになりそうなことは、普段よりも注意するから。

 

ただ、小さなミスを放置すれば、より大きなミスに繋がりやすくなります。

 

普段の心構えや、習慣が大切ということを理解しておきましょう。

 

この記事で失敗に対するマインドが変わるヒントなってくれたら幸いです。

 

最後まで、読んでいただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)