食費は節約しない方が良い3つの理由【無理しない節約方法も紹介】

なかなかお金が貯まらなくて節約してみようと思っている人は多いはずです。

「収入もあまり増えないし」と嘆いている人もいるでしょう。

 

それなら、「食費を削るしかないか」と思っている人もいるかもしれませんが、

今回は節約するなら食費は節約しない方が良い3つの理由を書いていきます。

合わせて食費を削らないならどこを節約したら良いのかも書いていきます。

 

食費は節約しない方が良い3つの理由

食費は節約しない方が良い3つの理由

 

結論から言うと、

食費を節約しない方が良い理由は、

  • ストレスが溜まりやすくなる
  • 栄養が取りづらくなったり偏りが出る
  • 節約する金額の割にデメリットが大きい

 

この3つの理由について詳しく書いていきます。

 

1.ストレスが溜まりやすくなる

多くの人が毎日の食事を

してるかと思います。

 

食費を節約することで食事が寂しくなったり、

暗くなってしまっては、

知らず知らずのうちに

ストレスが溜まる原因になったりします。

 

たまに行くランチも良い息抜きに

なっているではないでしょうか。

 

ランチの値段を下げたとしたら

気分も下がりますし、好きなものを

食べた方が気分はあがるでしょう。

 

出来るだけストレスを抱えないような

食事を心得たいところです。

 

2.栄養が取りづらくなったり、偏りが出る

どうしても食材を安く済まそうとすると

同じものを食べがちになったり

栄養に偏りが出たりします。

 

食事はエネルギーの源です。

 

体に取り込まれるものなので、

栄養のちゃんとしたものを

食べるのが体には良いですよね。

 

節約によって栄養が取りづらくなることで

健康を害する可能性が

高まってしまう恐れがあります。

 

料理上手、やりくり上手で

安い食材でも栄養面も問題なく出来る場合は

良いかと思いますが、

単純な食費の節約は

おすすめしないという事です。

 

3.金額の割にデメリットが大きい

上記の

  • ストレスが溜まりやすくなる
  • 栄養が取りづらくなったり、偏りが出る

 

が節約による

健康のリスクになると思いますが、

金額的には大きな削減するのは

難しいのではないでしょうか。

 

「普段外食ばかりで全て自炊に変えます」

とか言う人は効果があると思いますが、

もともと自炊+たまに外食くらいなら、

節約するのはなかなか大変です。

 

普通に食事を作るだけでも大変なのに

更に安く抑えられるように

考えるのは結構大変だと思います。

 

大変な思いをして食費を削るなら

他の所で削減、節約を

考えてみてはいかがでしょうか。

 

 

節約するなら、固定費の削減を考えてみよう

見直してみたい固定費は

  • 通信費
  • 保険
  • 家賃

固定費の節約の良いところは

1度下げてしまうと

継続して節約につながるという事です。

 

月に1000円削減出来たとしても

あまり大きな額に感じないかも知れませんが、

年間にすると12000円になります。

結構大きいですよね。

 

手続きの変更で面倒かもしれませんが

1度の変更で継続して

節約出来るのでおすすめです。

 

具体的に通信費に関しては

携帯電話を格安SIMにするとか、

保険は高額医療費制度というものが

ありますので、それを踏まえたうえで

保険を見直すと良いですね。

 

あと、固定費を減らすのに

有効なのはクレジットカードを作る事です。

 

クレジットカートの利点は以下の通りです。

  • ポイントが貯まる
  • 小銭が出ず、支払いが楽
  • 公共料金の支払いが出来る

 

公共料金をクレジットカード払いにすることで

固定費を安くすることができます。

 

最後に

上記で述べた

  • ストレスを溜まりやすくなる
  • 栄養が取りづらくなる、偏りが出る

 

をうまくコントロール出来るなら

食費を節約をするなとは言いません。

 

ただ、食費を下げる金額に比べて

色々考えてやりくりする労力に

似合わないと思ってます。

 

固定費を1度見直してみて

継続的に下がる所から

考えてみてはいかがでしょうか。

 

全体の出費のなかでどれが

ストレスに影響なく無駄に使ってないか

考える良い機会に

していただければと思います。

 

最後まで、読んでいただいてありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)