アウトプットの上手な利用方法7選【効果的な記憶の定着法】

アウトプットの上手な利用方法

  • 勉強してもなかなか覚えられない
  • その時は理解してたはずなのに気づいたら忘れている
  • 効果的なアウトプットの方法が知りたい

そのような悩みに答えます。

 

本記事の内容
  • アウトプットの利用方法
  • アウトプットによる効果

 

知識などを覚えようとしてもなかなか覚えられなかったり、覚えるまでかなり時間がかかったりする人も多いかと思います。

 

そこで、大事になってくるのがアウトプットの利用法です。

 

今回は、アウトプットとはどういったもので具体的に、どのような方法があるのかを解説していきます。

 

たかやん

この記事を読むことでアウトプットの重要性を知り、より効果的に知識を蓄えることができますよ

 

アウトプットの利用方法

アウトプットの利用方法

アウトプットの利用方法は

  • 人に教える
  • メモに取る・ノートに書く
  • 行動する
  • アウトプットを意識しながらインプットする
  • 日記を書く
  • 反復して覚える
  • 声に出す

の7つです。

 

以下で解説していきますね。

人に教える

自分自身が教える内容を、ちゃんと知らないと教えることはできません。

 

人に教えるということは、仮に知識はあるとしても知らない人に分かりやすく説明するという技術も必要になってきます。

 

教えるばかりではなく、相手から質問されることもあるでしょう。

 

その時にちゃんと答えられないということは、知識が足りないか説明力が足りないかのどちらかになります。

 

きちんと人に教えること伝えることができて、ちゃんと知識が付いたと言えるでしょう。

 

メモを取る・ノートに書く

メモを取るというのは、インプットしたものを吐き出すアウトプットです。

出来れば言われたままを書き留めるのではなく、自分の言葉に言い換えて書き換える方が記憶に残りやすくなります

メモを取ればいざというときに、見返すこともできます。

 

学生の時は勉強するときにノートに書いて、覚えていたと思いますが手で書いて目でみて覚えていたといえるでしょう。

 

行動する

行動するということは、やったことに対して何らかの反応があるということです。

 

それがもし、失敗したとしても「このやり方は良くなかったんだ」と知ることができます。

 

行動することで経験値を得て、自分自身のノウハウとして残ります。

 

行動することはかなり記憶に残りやすい、身に付きやすいアウトプットの手段と言えるでしょう。

 

アウトプットを意識しながらインプットする

アウトプットをするにも、まずはインプットしないことには始まりません。

 

ただやみくもにインプットをするだけでなく、アウトプットを見越したインプットをすることでより効果を高めることが期待できます。

  • インプットしたものを実践してみる
  • インプットしたことを話してみる
  • インプットしたことをメモに取る

インプットとアウトプットをセットに考えることで、効果が倍増して知識がより定着する可能性は高まるでしょう。

 

【関連記事】

インプットとアウトプットの適切なバランスと勉強法【記憶の仕組みを理解する】

 

日記を書く

日記を書くことにより、自分の思いを視覚化することができます。

 

視覚化することで自分の頭にある情報を整理することができます。

 

心を整理させたいときには日記を書くことで、ただ考えているより効果が上がるでしょう。

 

私が、書いているこのブログも日記を書くという行動に近いアウトプットをしています。

 

反復して覚える

覚えようと思えば何度も繰り返して勉強することで、覚えられる可能性は高まります。

 

人は、1度聞いたり教えてもらった所で忘れることが多いです。

短期間に同じことを頭に入れることで記憶が定着する可能性を高めます

勉強するときは何度もノートに書いたりして覚えたと思いますが、理にかなっている方法と言えます。

 

もちろん、覚えるのには個人差もありますが、時間をかけることで知識はつけられるということです。

 

声に出す

声に発するというのも大事なアウトプットの方法の1つです。

 

自分が話しているときには、当然自分自身にも聞こえていて音で覚えるような感じです。

 

例えば、英語の発音で声に出すということは有効なアウトプット方法だと言えます。

 

アウトプットによる情報をいろんな方法で再インプットさせることにより、自分の頭に定着するようになります。

 

アウトプットによる効果

アウトプットによる効果

どのようなアウトプット方法があるのかを解説してきました。

 

ここからは実際にアウトプットをすることにより、どういった効果が期待できるのかを解説していきます。

 

アウトプットの内容が記憶として定着しやすくなる

アウトプットの利用方法でも何度か言ってきました。

 

様々なアウトプットを試すと、情報として頭に残りやすくなるということです。

 

1回目で覚えられないなら、2回目、3回目と増やしていくことにより頭に残る可能性は高まります。

 

仕事でも最初は分からないことだらけです。

 

しかし、何ヶ月もやっているうちに慣れてくるでしょう。

 

やることの内容が知識として定着している証拠だと言えますね。

 

頭の中の情報が整理できる

情報が多すぎて分からなくなってしまったときでも、紙に書いてみたりメモを取ることにより内容が分かりやすくなります。

 

仕事で言うなら

  • 仕事の内容
  • 仕事の優先順位
  • 忘れそうな内容

など目で見える状態にしておくことで分かりやすくなるでしょう。

 

タスクが多くなってしまったときや、頭の中がいろんな考えでいっぱいになってしまった時など、紙に書いたりメモを取って自分の考えを整理することができます。

 

自分自身の理解度が分かる

アウトプットすることで、自分自身の理解度を知ることができます。

 

ちゃんとした知識を持ってないことには、人に知識を話すことはできません。

 

知っているつもりでも、いざ話してみようとしたら記憶が曖昧だったりすることもあるでしょう。

 

アウトプットによって、自分の足りない所を知ることができるのです。

 

自分の理解度を明確に知るには、質問してもらうことは大切だと言えますね。

 

アウトプットの利用方法についてまとめ

アウトプットの利用方法についてまとめ

今回はアウトプットについて解説してきました。

  • 人に教える
  • メモに取る・ノートに書く
  • 行動する
  • アウトプットを意識しながらインプットする
  • 日記を書く
  • 反復して覚える
  • 声に出す

以上の7つを意識してアウトプットすることで、知識が頭の中に残りやすくなるといえます。

 

時間的な比率はアウトプットはインプットより多めが良いと言われています。

 

内容にもよりますがおよそ、インプット:アウトプット = 3:7と言われています。

 

ただ聞くだけ、ただ見るだけにせずにこれを機にアウトプットを意識してみましょう。

 

この記事で、アウトプットによる効果を実感するきっかけになってくれたら幸いです。

 

最後まで、読んでいただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)