インプットとアウトプットの適切なバランスと勉強法【記憶の仕組みを理解する】

  • インプットとアウトプットはどういった意味なの?
  • インプットとアウトプットを知ってどう勉強に生かせば良いの?
  • インプットとアウトプットのバランスをどのくらいにすれば良いの?

と気になっている人は多いと思いますので、この記事で伝えていきます。

 

本記事の内容
  • インプット、アウトプットの意味
  • インプットとアウトプットの適切バランスと勉強法
  • インプット、アウトプットが重要な理由
  • インプット、アウトプットを生かした効率の良い勉強の仕方

 

インプット、アウトプットという言葉は

聞いたことはあるけど、

意味をあまり理解していなかったり

インプット、アウトプットの活用方法が

分からない人が多いです。

 

たかやん

この記事を見ることによってインプット、アウトプットの適切なバランス知り効率よく勉強することが出来ますよ

 

それでは、以下で解説していきます。

 

インプットとアウトプットの意味

まずはインプットとアウトプットの

意味を知ることが大切です。

 

インプットとは

「入力」の事で主に

  • 読むこと
  • 聞くこと
  • 見ること

などで脳に情報が入っていきます。

主に耳や目や手から情報が入る事になります。

 

例えば

  • 新聞を読む
  • 本を読む
  • 音楽を聴く
  • 映画を見る

このような事がインプットの情報になります。

「記憶する」や「憶える」や「体験する」等も

インプットに該当する行為です。

 

アウトプットとは

「出力」の事で主に

  • 書くこと
  • 話すこと
  • 行動すること

頭にある情報を元に外に出すと言う行為です。

 

例えば

  • 家族と話す
  • 友人に会いに行く
  • ノートにメモを取る

このようなことがアウトプットにあたる行為になります。

 

このように普通にしている様々なことが

インプットやアウトプットで表せます。

 

インプットとアウトプットの適切なバランスと勉強法

およそインプットとアウトプットの

適切なバランスは3:7 ~ 2:8です。

 

無意識でやっているためでもあるのですが

アウトプットよりインプットを重視して

勉強している人が多いです。

 

イントップを多くしていても

記憶が定着していないのがほとんどです。

 

本の勉強はある程度にして

  • 勉強した内容を伝える
  • 勉強した内容をもとに行動する
  • ノートにメモ取る
  • 声に出す

 

などのアウトプットを

勉強に取り入れることにより

知識の定着にも繋がり結果も

付いてきやすくなるという事になります。

 

勉強はいっぱいしているのに

なかなか覚えられない人はアウトプットの量を

意識的に増やしてみてはいかがでしょうか。

 

インプットとアウトプットが重要な理由

インプットを1度しただけだと人はすぐに忘れてしまいます。

もし憶えていたと思っても「知ってるつもり」「わかっているつもり」に

なっている可能性もあります。

 

アウトプットする事によって

記憶の認識が間違っていたり、足りなかったり知識が

あることに気づいたりします。

 

そして実際に間違っていた事に対して何が出来ていなかったのかを

修正や改善を行い新たに知識として取り入れる事で記憶が

定着しやすくなり、人間的にも成長します。

 

インプットばかりやってても現実は変わらないし、

アウトプットばかりし続けても修正や改善がないと成長しにくいです。

インプットとアウトプットの循環が必要だと認識しておきましょう。

 

インプットとアウトプットを生かした効率の良い勉強の仕方

知識の定着の流れは以下の通りです。

知識の定着の流れ

本などを読んで知識を入れる(インプット)

まず行動してみる(アウトプット)

間違った所の何処が分からなかったのかを調べて覚えなおす。修正、改善をする。(インプット)

修正方法に元づいて行動しなおす(アウトプット)

インプットとアウトプットを繰り替えすことによって記憶が定着していきますし

人間的にも成長を感じるはずです。

 

効率の良い勉強法なの?

と思う人もいるかもしれませんが、コツコツと

インプットとアウトプットを繰り返すことが一番の近道と言えます。

 

1回で駄目なら2回。

2回で駄目なら3回と繰り返すのです。

繰り返すことによって成功、成長に繋がっていきます。

 

ここで大事なのが、アウトプットで失敗したことや分からなかった事を

修正、改善を行う事です。

修正、改善を行わずにインプットしても同じ間違いを

する可能性もあるので意味がありません。

 

勉強をするときはインプット、アウトプットを繰り返すと

いう事を意識しておきましょう。

 

インプットとアウトプットのまとめ

インプット、アウトプットの意味やバランスを知ることによって

どういう行動をとれば勉強をするのに効果的か、成果が出しやすくなるのか

書き出しました。

この記事では以下の事を解説しました。

  • インプット、アウトプットの意味
  • インプット、アウトプットのバランス
  • インプット、アウトプットの重要な理由
  • インプット、アウトプットの効率の良い勉強の仕方

一番大切なことは、

一度頭に入れた知識をアウトプットして修正、改善を加えインプットさせるという

流れが大事で勉強の効率アップにも繋がるし、人間的にも成長するという事です。

勉強を成果につなげて魅力的に成長しましょう。

 

最後まで、読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)