仕事で成長できない3つの理由【考え方を変えることが必要になる】

自分自身なかなか成長できていないと悩んでいませんか?

どうすれば成長できるのかわからない。

頑張っているのに成長を感じないという方は

この記事を読んでみて下さい。

 

本記事の内容
  • 仕事で成長できない3つの理由
  • 仕事で成長するために大切なこと

 

令和の時代は『個』の時代であると言われています。

起きている時間の多くが仕事をしている方が多いでしょう。

貴重な時間を使って自分自身が仕事で成長するために

この記事を通して成長に1歩近づけるように分かりやすく解説していきます。

 

仕事で成長できない3つの理由

仕事で成長できない3つの理由は

  • 主体性をもっていない
  • 失敗を恐れている
  • 人のせいにする

分かってはいるけど、ついやってしまっている点もあると思います。

1つずつ見ていきましょう。

 

主体性をもっていない

仕事をしているタイプは大まかに2パターンに分かれます。

「主体性」と「受動性」です。

 

主体性とは自分の意志や判断のもとに責任をもって行動すること。

受動性とは自分の意志とは違い他の人の働きかけを受け入れて動くことをいいます。

 

主体性の考え方をもつことで受動的な人より毎日成長が見込めます。

立場や在籍年数はそれほど関係ありません。

 

上司に言われたことだけをしているようなら受動的になります。

言われたことにプラス何か改善したり新しい取り組みが出来るか

主体性の部分になります。

一通り仕事がこなせるレベルであれば後は考え方の問題です。

 

主体性をもつと真剣さが生まれ試行錯誤しながら効率よく作業できるようになります。

時には、同僚や上司のアドバイスをもらいながら改善していく事で成長に繋がるでしょう。

 

 

失敗を恐れている

失敗を恐れて言われるがままになっている場合は

なかなか成長できません。

 

失敗から得られる経験も多いです。

小さな失敗で済むような事ならどんどん行動してみましょう。

 

何の失敗もなくして成功を得るのはかなり難しいです。

周りで成長している人は失敗しながら進み続けていると理解しましょう。

 

人のせいにする

人のせいにすることで自分の正当性を高めようとしています。

自分を守るために言ってしまう時には特に注意が必要です。

 

人のせいにすると思考停止状態になり成長しなくなります。

必要以上に自分の責任にすることはありませんが、

自分にやれることはなかったのか考える事で

違う視点でものをとらえる事出来るかもしれません。

 

仕事で成長できない人が知っておきたい大切なこと

仕事で成長するために大切なことは仕事の環境です。

もしかすると周りの環境が原因で成長できないかもしれません。

自分自身成長しようとする意志はあるものの

仕事の環境があっていない可能性があります。

 

環境のせいにするのは、おかしいと思う人もいるかもしれませんが、

自分にとって良い環境の方が当然ながら成長します。

 

環境があっていない場所でも成長しないとは言いませんが

成長の速度は変わってくるでしょう。

 

1日なら小さな差でも長年勤めれば大きな差になります。

場合によっては自分に合う仕事の環境に変えることもアリですね。

 

成長するためのヒント・まとめ

成長できない3つの理由について解説しました。

  • 主体性をもっていない
  • 失敗を恐れている
  • 人のせいにする

 

3つ理由に関してはついやってしまいがちな例で

この点を見直すことで自身のレベルアップに繋がる内容を解説しました。

 

逆にあなたが3つ理由に該当しないのであれば

仕事の環境が影響して成長できない・成長を感じにくいという可能性もあるので

仕事の環境を変更することで成長が期待できる可能性があります。

 

この記事で成長のヒントになってくれれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)