マスクの裏表の見分け方【つけ方を間違うと性能が低下する】

最近では新型コロナウイルスの影響もあってマスクの使用頻度が格段に上がりました。

外食や買い物に行くときもマスクを着けている人を多く見るようになりましたね。

以前は冬場や花粉が飛ぶ時期にマスクを使用している人が多かったです。

 

今回はマスクの裏表の見分け方という内容です。

使い捨ての不織布マスクの裏表は意外にも間違っている人、知らない人がいるようです。

私の周りにもマスクの裏表は結構知らない人がいて「知らない人って実は多いのかな?」と思うようになりました。

私自身も勘違いや思い込みや人からの情報をそのまま信じてしまって間違って使っている期間がありました。

この記事でマスクの裏表の付け間違いが減ると嬉しいです。

 

まず、マスクの裏表を見分けるには結論から言ってしまうと、箱や袋、商品の裏側に書いてある説明書きによるということになります。

詳しい内容、マスクの裏表を逆に着けるとどうなるのかは以下で解説していきます。

 

マスクの裏表の見分け方

まずは役割について

  • ウィルスを防ぐ
  • 飛沫を防ぐ
  • 花粉を防ぐ

などを防止する目的で使用しますね。

 

マスクには不織布マスクがあります。

不織布マスクは基本3枚構造になっています。

外側は撥水加工、内側は吸水加工が施されていて真ん中にはフィルターが入ってます。

このフィルターでウィルスや花粉をブロックしてくれます。

 

マスクの裏表の見分け方は耳ひもの付いている位置だけでは判断できない

 

私が、勘違いしていた部分は耳ひもの取り付けてある方が内側だと思っていました。

これは、半分正解で半分間違いです。

耳ひもの取り付けてある方が内側で合ってるマスクもあります。

ただ、耳ひもの取り付けてある方が外側のマスクもあるんです。

なので耳ひもの取り付けている位置だけでは内側、外側の判断が出来ないという事になります。

 

 

マスク裏表を逆に付けるとどうなるの?

別に何も変わらないでしょ」って思う人もいるかもしれません。

でも、全然変わってきます。

 

逆に付けるとどうなるのか?以前間違って着けていたので

その時の経験で話します。

呼吸がしにくいです

息苦しく感じます。

着けていた当時は原因がわかっていなくて「体調不良なのかな」と思っていました。

今、思うと恥ずかしくなります。

 

逆に着けると吸水加工が施されている不織布が外側にくるのでウィルスや花粉が付きやすくなるという事なります。

なので、マスクの性能を十分に発揮できないという事になります。

 

本来正しい向きで使用すると、内側には吸水加工が施されている不織布の面がきます。

内側は口に付く側になるので肌さわり等も違ってきます。

外側は撥水加工がされているので。飛沫やウイルスが付きにくい構造になっています。

 

マスクの裏表を見分け方は?

マスクの入っている箱や袋の裏側にある説明には「耳ひもが取り付けてある方が内側です」や

「耳ひもが取り付けてある方が外側です」の記載がされています。

 

その他の表現でも箱や袋の裏側に書いてるので確認してみて下さい。

 

 

マスクの裏表の見分け方を知り性能を最大限に生かしましょう

マスクの裏には特徴や使用方法や注意書きがいっぱい書いてあります。

意外と注意書きは見ていなくて見ていれば「間違えて付ける事もなかったのかなぁ」と今更ながらに思います。

逆に着けると効果が十分に発揮できないので着用方向には気を付けていきましょう。

この記事を通して正しいマスクの方向を認識していただけるとありがたいです。

 

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)