お金がなくなる行動5つの注意点【失ってからでは遅い】

  • 気付いたらお金を使ってしまっていることが多い
  • なぜか貯金があまり貯まらない
  • お金を使っている自覚は無いのにあまり残っていない。

 

普通に過ごしているつもりなのにせっかく稼いだお金が気付いたら

あまり残っていなくて寂しくなってしまう。

お金のなくならない方法や注意したい事を知りたい。

 

本記事の内容
  • お金がなくなる行動5つの注意点
  • お金がなくなることを防ぐために考えてみたいこと

 

たかやん

お金がなくならないように気を付けるべきことが分かりますよ。

気付いたらお金がないという感覚がなくなります。

 

【結論】お金のなくなる行動5つの注意点

  • 調べる・知識をつけること
  • リボ払いやローン払いはやめること
  • メリットだけ聞いて飛びつかないようにすること
  • その場で即答しないこと
  • 信頼できる人に聞くこと

以下で詳しく解説していきますね。

お金のなくなる行動5つの注意点

5つの注意点には、知らず知らずのうちになくなってる

お金の注意点を書いています。

比べようがないので分かりにくい所ではありますが、

少しずつでも分かってくるとお金に対して注意深くなれて

必要な使い道が知れるきっかけになると思います。

 

お金がなくなる行動、注意点その①調べる・知識をつけること

調べることを習慣づけることで知識がついてきたりします。

本を読んでみたり、ニュースを見ることでも知識がつきます。

 

知識が足りなかったり、不足していたり、そもそも知らなかったりすることで

お金が得られなかったり、割引ができなかったりすることがあります。

逆に知識があればお得になったりすることはあるでしょう。

 

あまりお得なことは教えてもらえることは少ないので

自分から知識を得るようにしていくしかありません。

 

お金がなくなる行動、注意点その②リボ払いやローン払いはやめること

お金が足りなくても、リボ払いやローン払いをすることで

手軽で物を買うことができます。

便利ですね。

 

借金をして利息分をプラスした金額を月々払う事が

リボ払いやローン払いの流れになります。

 

リボ払いはおよそ年利が15%と高いです。

ローン払いもリボ払いまでとはいいませんが

種類によっていろいろなケースで利息を払う事になります。

 

はっきり言ってしまえばこの利息を払う行為は無駄な出費になります。

リボ払いやローン払いは自分のお金のキャパシティを超えてしまっているために

使っている方法だと理解してください。

キャパシティの目安は「一括で払えるか」です。

 

たかやん

ローン払いを続けていれば本来払わなくていいお金を

払い続けているという認識をもちましょう。

 

お金がなくなる行動、注意点その③メリットだけ聞いて飛びつかないようにすること

大体紹介されたりする時はメリットを聞くことが多いですね。

もちろんメリットを聞くのも必要ではありますが、

セットでデメリットを聞くようにしましょう。

 

メリットだけ聞いてしまうと良いものと錯覚する確率が増えます。

もちろん、良いものの可能性もありますが、

メリットだけしか聞いてなければそりゃよく感じるに決まっています。

 

あとで「聞いていなかった」や「そんなはずではなかった」と

聞くのは良くある話です。

メリット、デメリットを吟味したうえで判断するようにしてください。

 

 

お金がなくなる行動、注意点その④その場で即答しないこと

例えば、営業の電話などで相手の話に流されて契約してしまう可能性があります。

営業の人も話がうまいので自分にとって必要ではないかも知れないのに

必要なように感じてしまうものです。

 

もちろん、本当にサービスが良い場合もあるので一概には言えませんが、

一度持ち帰って冷静に考えて決めてもいいのかなと思います。

 

流されていない状態であれば冷静な判断ができます。

何が言いたいかというと、「流されての契約は駄目」ということです。

後で後悔しないように気をつけましょう。

 

お金がなくなる行動、注意点その⑤信頼できる人に聞くこと

人により考え方もさまざまです。

自分よりも考え方がしっかりとしていたり信頼できる人に

聞いてみるのか良いと思います。

 

出来れば信頼できる何人かに聞くことでいろんな角度から見ることができます。

誰にでも相談していると人によっては適当に答えてくる人もいるはずですので

信頼できる人に相談してみて下さい。

 

そのうえで最終的に自分で判断するようにしましょう。

たかやん

決してあの人がいったから決めたということにならないように

あなたが納得したうえで決めて下さいね。

 

お金がなくなることを防ぐために考えてみたいこと

お金がなくなることを防ぐためには「お金を貯めること」に

目を向けることが重要な考え方になります。

なぜなら、お金を管理する必要が出てくるからです。

 

お金が管理できるようになると収入を得たものを

何に使ったかを簡単に把握できるようになりますし

無駄な出費を極力防ぐことにも繋がります。

 

管理するときに一番簡単にできるのが家計簿をつけることです。

家計簿をつけることで収支が簡単にわかるようになります。

 

お金を貯めたい時に参考にしてみて下さい。

お金を貯めたいなら見直すべき2つの事【これをすれば改善可能】

 

お金がなくなる行動5つの注意点のまとめ

お金のなくなる行動5つの注意点まとめました。

  • 調べる・知識をつけること
  • リボ払いやローン払いはやめること
  • メリットだけ聞いて飛びつかないようにすること
  • その場で即答しないこと
  • 信頼できる人に聞くこと

 

大事なことは正しく理解したうえで決めること。

情報は教えてもらうよりも自分自身で行動して

知識を得るようにした方がいいでしょう。

 

あと、お金を貯めることに目を向けることで

お金がなくなることを防ぐ可能性が減らせることを解説しました。

家計簿をつけるのは一番かしこい方法です。

 

この記事がお金のなくなることを防ぐヒントになって

少しでも参考なれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)