貯金ができない人の特徴7選【今日からできる貯める方法】

貯金が出来ない人の特徴7選

  • なかなかお金が貯まらない
  • 給料日前にはお金がない
  • 貯金のできない原因がわからない

このような悩みに答えます。

 

本記事の内容
  • 貯金ができない人の特徴7選
  • 貯金をするために必要な方法

 

給料が上がらず、

税金などの支払いはだんだん増えて

貯金をすることができない人は多くいます。

 

今回は貯金ができない人の

特徴を示したうえで、

どうすれば少しでも貯めれるように

なるのかを解説してきます。

 

記事の内容を取り組むことで

お金を貯める流れを作ることが出来ます。

 

貯金ができない人の特徴7選

貯金が出来ない人の特徴

【結論】貯金ができない人の特徴7選は以下の通りです。

  • 残ったお金を貯金しようと考えている
  • 貯金の目的が明確になっていない
  • 支出の管理ができていない
  • 固定費が高い
  • リボ払いをしている
  • コンビニに毎日行く
  • 収入が少ない

 

貯金が出来ない理由が分かってくると

貯金できる流れが作りやすくなります。

 

詳しく解説していきますので見ていきましょう。

 

残ったお金を貯金しようと考えている

お金はあれば使ってしまうという人も

いると思いますので、

残ったお金を貯金しようとしても

ほとんどできない人が多いでしょう。

 

残ったお金を貯金しようと考えている人は

まったく制限のかかっていない中で

お金を使っていることになります。

 

貯金をするためには、管理したり制限する

必要性も出てくるかもしれません。

 

たかやん

制限をかけすぎるとストレスになってしまうのでうまくお金の使い方をコントロールする必要があります

 

貯金の目的が明確になってない

なんのために貯金をするのかが

分かっていないと

なかなか貯まりづらいのが現実です。

 

逆に貯金の目的が明確になっていて

貯めることが出来ないのであれば、

貯められない理由を考えるようになります。

 

そして、貯める方法を探します。

 

貯金の目的が明確になることで

その後の考え方が変わってくるのです。

 

支出の管理ができていない

収入はある程度分かったとしても

支出は把握できていない

という人が多いです。

 

支出を把握できていれば

改善することも出来ます。

 

例えば、動画サービスを

最初の方はよく見ていたけど

今は全然見なくなった。

 

ということになれば、

見ていないので解約しておこうとなります。

 

支出を管理してることで

気づくこともあります。

 

固定費が高い

固定費は主に以下のものがあります。

  • 携帯等の通信費
  • 家賃
  • 保険代
  • 車両関係費
  • 水道光熱費

 

固定費を下げることで年間の出費を

大きく下げることが出来ます。

 

保険などは

  • 本当にあなたに合っている条件になっているか。
  • 過剰に保険がかかっていないか。

 

良い条件にすればするほど

お金がかかってくるのは当然です。

 

心の安心の面からもバランスをとりつつ、

過剰に保険でカバーするよりも

貯金で備えるのが現実的です。

 

リボ払いをしている

リボ払いは手軽に使いやすい反面

手数料がかなり高くなっています。

 

知らないうちにリボ払いに

なっている場合もあり、

後になってから気づくという

パターンもありますので

気を付けたいところです。

 

手数料にお金が出ていくと

貯金する金額は当然少なくなります。

 

コンビニに毎日行く

コンビニは便利で簡単に商品が買えます。

その分、スーパーと

比べてみると値段が高いです。

 

スーパーなら同じ商品でも安く買えるので、

買いだめするときにはスーパー

急遽その品物が必要な時にはコンビニなど

使い分けることで

余計な出費を抑えることに繋がります。

 

収入が少ない

支出を切り詰めたとしても、

貯金が出来ないような状況では

収入がかなり少ない可能性があります。

 

その場合は、貯金をするというよりも

収入を増やすために

どうすれば良いのかを考えること。

 

収入を上げるために

自己投資が必要だと考えています。

おすすめの自己投資5選【大切な部分と注意点も解説】

 

貯金をするために必要な方法

貯金をするために必要な方法

貯金をしていくため

具体的な方法を解説します。

 

以下で見ていきましょう。

 

固定費を見直し必要最小限にする

携帯電話や保険や車両関係に

かかるお金は見直し方次第では

下げることが出来る部分です。

 

たかやん

めんどくささもありますが、一度見直せば年間に大きな金額を節約することにもつながりますよ

 

収入の1~2割を貯金に回し、残りの金額で生活する

会社員は社会保険料などの税金は

給料をもらう前にあらかじめ引かれます。

 

もらう前に引かれているので

「税金払えないよ」ということにはなりません。

 

同じようなやり方で

貯金額を先に確保しておく

 

残った金額でどうすればその金額で

生活できるのか考えるようになります。

 

少なくても、後で貯金をしようと

考えるよりも貯金は出来るはずです。

 

仮に収入が上がっても、生活レベルを上げ支出を増やさないようにする

収入があっても、

あまり貯金がない人もいます。

 

それは、収入が上がったときに

生活レベルも上げてしまうから。

 

生活レベルを一度上げてしまえば支出は増えて

生活レベルを下げることも難しくなります。

 

あなたにとっての必要な部分を見極めつつ

生活レベルを見ていく必要があります。

 

貯金は気持ちのゆとりを生む

貯金が増えていくにつれて

気持ちに余裕が出来てきます。

 

心配事も減ってくるかもしれません。

 

気持ちに余裕が出来ることは良いことなので

是非、貯金が出来ていない人も

チャレンジしてほしいなと思っています。

 

この記事があなたにとっての

ヒントになれば幸いです。

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)