お金が貯まる人の性格や特徴9選【自分ルールで楽しみながら貯める】

お金が貯まる人の性格や特徴9選

  • お金がなかなか貯まらない
  • お金が貯まる人がやっていることが知りたい
  • 使いすぎている状況を見直したい

そのような悩みに答えていきます。

 

本記事のタイトル
  • お金が貯まる人の性格や特徴9選
  • お金が貯まらない人の性格や特徴

お金を貯めたいけど、なかなか思うように貯められないという人も多いでしょう。

 

だからと言って無理に貯めようとしてストレスを溜めても辛いと思う人もいるかもしれません。

 

今回は、お金の貯まる人の性格や特徴を通して、自分らしく貯められる方法を解説していきます。

 

たかやん

この記事を読むことで、無理のないお金を貯め方を学ぶことができますよ

 

お金が貯まる人の性格や特徴9選

お金を貯める人の性格や特徴

お金が貯まる人の性格や特徴は以下の9種類です。

  • お金の管理をしている
  • 健康に気を使っている
  • 価値を見てお金を使う
  • 情報を探す・更新する
  • 気持ちに余裕がある
  • ストレスを溜めない
  • 固定費は最低限にする
  • 貯める目的がある
  • 労働と物の対価で考える

 

さて、以下で解説していきますので見ていきましょう。

 

お金の管理をしている

お金が貯まる人は、お金の管理ができている人が多いと言われます。

 

なぜ、お金の管理ができていた方が良いかというと、何にどのくらい使っているか把握しておくことで、その後のお金の使い方を考えるのに役立つからです。

 

お金を管理するというのは面倒くさいように思われがちです。

家計簿のようにきっちり収支を書いても良いのですが、スマホアプリでレシートを取るだけでお金の管理ができるアプリもあります

上手に利用することで手軽に簡単に収支を把握することは、お金を貯める第1歩と言えるでしょう。

健康に気を使っている

健康に気を使うことで、健康に伴う出費を出来る限り防ぐことができます。

 

健康に気を使うメリットは様々で

  • お金の出費を減らす
  • ストレスを解消できる
  • 気持ちがポジティブなりやすい

など良いことばかりです。

 

ジョギングやウォーキングなどの運動をすることにはお金はかかりません。

 

それに、食生活を気を付けるにしても高級食材を買う必要がある訳でもありません。

 

運動をしたり、食生活を気を付ければ病院に行く可能性も減ることが予想されるので無リスクで、出来る方法と言えるでしょう。

価値を見てお金を使う

セール品を見て何気なく買ってしまっている人は気を付けるべきかもしれません。

 

それが、本当に買って満足するものであれば問題ありません。

 

しかし、振り返って「買いすぎたな」と思ってたりすることもありませんか?

大事なのは、価値を見て買い物をすることです

決して値段だけでは判断しないようにする必要があります。

 

買いたいものが本当に必要なものか自分に問いかけることで、必要なものの選別が出来るようになるでしょう。

情報を探す、更新する

常に、新しい知識を得るためにアンテナを張ることで余計な出費を防ぐことができます。

  • ポイントを上手に獲得
  • 同じものでも安く買えるところを探す

そのような情報があるのとないのでは、1つ1つは大きくないにしても年単位で考えると大きな差になると言えるでしょう。

 

情報をうまく利用することで、賢くお金が使えるようになります。

 

情報を得るにもスマホで手軽に高いお金を払うことなく、情報が入手しやすくなりました。

 

1度得たものでも新しく変わったりすることがあるので、いろんな方面にアンテナを張りながら新しい情報を更新することが大事になるでしょう。

気持ちに余裕がある

気持ちに余裕があったり、やることに余裕を持っているとチャンスを受け入れやすくなります。

 

新たに行動する余裕があるということです。

行動できる余裕があることはお金を貯める体質を作る要素といえます

余裕が無ければ他に新しいことをすることもできません。

 

チャンスを多く得ることで稼ぐことができ、お金をより貯めることに繋がると言えるでしょう。

ストレスを溜めない

なぜ、お金を貯めるにはストレスを溜めない方が良いのかというと、ストレス発散による過剰な消費を働きかける可能性を強めるからです。

 

例えば、

  • 過剰な食事
  • 欲しいものを買いすぎることでのストレス発散
  • ストレスによる必要以上のサービスの購入

ストレスが過剰にあっても、どうにかストレスを発散させようと無意識に働きます。

 

そして、無意識の中、過剰に出費をしてしまうことになります。

 

ストレスを上手にコントロールすることは、お金を貯めることにも繋がる言えるでしょう。

【関連記事】

ストレスが発散できない人の対処法【2パターン15種類で解説】

固定費は最低限にする

お金を貯めるためには、出費を見直す方が収入を見直すよりも手っ取り早いです。

 

とはいっても、無駄遣いしてる意識は無いしどこから見直したらよいのか、分からない人もいるかと思います。

 

まず、最初に見直すところは固定費です。

 

例えば、

  • 通信費(携帯代など)
  • 家賃
  • 保険代
  • 車両保険代

固定費は毎月かかるお金なので、少し固定費を下げるだけでも結構変わってきます。

貯める目的がある

貯める目標があるのとないのでは、気持ちの部分で大きく変わってきます。

 

目的があることでより目的に近づけるように出費や収入の所を真剣に考えるようになります。

  • 老後の備え
  • 子供のため
  • 年に一度の旅行のため

などを本気度が高ければ実現させるために「どのようにすれば良いのか」模索するでしょう。

 

具体的に、〇〇のために〇年間で〇円貯めるということを明確にすること大切です。

労働と物の対価で考える

例えば、時給1000円で働いてるとして2000円の物を買うとしたら、2時間の労働分の対価ということになります。

 

そのような、考えをすることでその物の価値をちゃんと見ることができます。

 

お金を貯めるということは、

  • 収入が多いから貯められる
  • 収入が少ないから貯められない

とは一概には言えません。

 

労働の対価に似合ったものを厳選していくことで、お金が貯まる体質を作ることが必要と言えます。

お金が貯まらない人の性格や特徴

お金の貯まらない人の性格や特徴

お金が貯まらない人に見られる性格や特徴は、お金の貯まる人の特徴の逆のことだと言えますが、具体的にどのような状態の人なのでしょう。

 

以下で解説していきますね。

人からの見られ方を気にしすぎる

自分の満足度よりも、人からどう見られるかを優先しすぎるお金の使い方は、満足度が低くなりがちで出費を早めます。

 

満足度を優先しなければ、際限なくお金を出ていく可能性を増やすことになります。

  • 自家用車

など様々なものがあります。

 

自分を満足度を優先して、ものの購入を決める必要があると言えるでしょう。

 

何気なく買ってるものでも、人の反応を気にし過ぎていたら注意が必要です。

衝動買いが多い

  • 買い物をしていてついつい欲しくなって買ってしまった
  • 買ってみたは良いものの、あまり使うことは無かった。

なんてことはありませんか?

 

衝動買いになってしまいそうになった時のポイントとしては、一度買わずに帰ることです。

 

そして、本当に欲しいものか考えることです。

 

これは、意外に効果的でどうしても欲しい時もあれば、やっぱり買わなくていいかもと思うようなときもあります。

 

そのようなふるい分けができるだけでも、効果的な方法と言えるでしょう。

収支の状況を把握していない

いままでにお金が貯まっていないというのであれば、収支の状況が把握できていない可能性が高いです。

 

お金が貯まりやすい状況にするには、いかにお金の管理ができているかが大切です。

 

管理しているとなぜ、こんなに出費が多いのかが視覚的に確認することができ、改善することができます。

 

たかやん

管理はざっくり管理で問題ありません。100円単位でざっくりでいいかと思います。大事なのは、何にどのくらい使ってるかを知ることです。

お金が貯まる人の性格や特徴のまとめ

お金が貯まる人の性格や特徴を解説してきました。

  • お金の管理をしている
  • 健康に気を使っている
  • 価値を見てお金を使う
  • 情報を探す・更新する
  • 気持ちに余裕がある
  • ストレスを溜めない
  • 固定費は最低限にする
  • 貯める目的がある
  • 労働と物の対価で考える

多くの特徴をみてきました。

 

一番効果的なのは、お金の管理をすることです。

 

やはり、自分の今の状況を確認するというのは大切です。

 

出費を抑えよう、減らそうとは考えなくてもいいので、ゲーム感覚で出費を調べてみましょう。

 

ゲーム感覚を取り入れることで、ストレス無くお金をコントロールできるかもしれません。

 

この記事が、あなたにとってお金を貯めるきっかけになってくれたら幸いです。

 

最後まで、読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)