支出を減らすために改善可能な3つの方法【使い方の基準は価値をみること】

支出を減らすために改善可能な3つの方法

  • 支出が多く貯金をすることが出来ない
  • 無駄なお金を使っていないか知りたい
  • 出来るだけ無理なく支出を減らしたい

こういった悩みにお答えします。

 

本記事の内容
  • 支出を減らすために改善可能な3つの方法
  • 支出を減らすことに注力しながら生活の満足度は下げない
  • 支出を減らすためには家計簿アプリで管理

 

貯金をしたいけど

なかなかできない人は多いです。

 

30代の単身世帯の3割以上が

貯金が0というようなデータもあります。

 

貯金をするためには

  • 収入を増やす
  • 支出を減らす

のどちらかです。

 

今回はどうすれば支出を減らすことが

出来るのかを解説していきます。

 

たかやん

この記事を通して生活の満足度を下げることなく支出を下げることができますよ。

 

支出を減らすために改善可能な3つの方法

支出を減らすために改善可能な3つの方法

結論は以下の3つです。

  • 生命保険を見直す
  • 通信費を見直す
  • 車両関係費を見直す

 

この3つは基本的に毎月決まった

金額を払うことになる固定費になります。

 

固定費を抑えることは出費を抑えるうえで

大事な所ですので以下で見ていきましょう。

 

生命保険を見直す

生命保険の内容を

ちゃんと理解していますか?

 

分かりにくい部分もあるかもしれませんが

ちゃんと理解して確認することが重要です。

 

項目としては

  • 入院1日でどのくらい支払われるのか
  • 病気やケガの時にどのくらい支払われるのか
  • 掛け捨てなのか・積立型なのか
  • 1か月にどのくらいの保険料を払っているのか

 

積立型は長期間払っていると、

保険の補償も受けられて

お金も少し戻ってくるというものです。

 

ただ、その分保険も高くなります。

 

たかやん

多くの積立型は戻ってくるお金の利回りが良くないのでおすすめしません。

 

なぜ利回りが良くないかというと、

手数料がそれなりに高いからです。

 

積立型は保険と投資がセット

になっているような商品です。

 

保険は保険、投資は投資で

考えた方が結果的には安くなります。

 

掛け捨ては内容は同じでも

保険料が安くなる傾向があるので、

条件を見直すことで

保険料を減らすことにもつながります。

 

通信費を見直す

携帯電話もやっと価格を抑える方向に

進んできました。

 

他の携帯会社に変えるときは

以下の項目は気にしておくところです。

  • 料金はいくらか
  • 月にどのくらい通話を使うのか
  • 動画などで、G(ギガ)はどのくらい使うか
  • 住んでいる地域は問題なく使えるのか

 

普段からあまり携帯電話を使わない人は

それほど不便を感じる機会は少ないでしょう。

 

ネット対応が中心のサービスでは

価格を抑えることが出来ます。

 

  • ahamo(NTTドコモ)
  • pavo(KDDI)
  • LINEMO(ソフトバンク)

 

大手キャリアで出そろっていますので、

検討して抑えられるところは

抑えていきましょう。

 

車両関係費を見直す

個人的に一番出費の差が出やすい所が

車両関係費なのかなと思っています。

 

車両関係費は主に

  • ガソリン代
  • 車の税金
  • 車検
  • 車両保険

 

維持するだけでも結構お金がかかります。

 

できれば車は持たずに

電車やバスを利用する方が安くなりますが、

田舎ではかなり不便になるので

持たないわけにいかないんですよね。

 

見栄を張らなければ

移動するためのものと割り切り

出費を少なく抑えることも可能です。

 

例えば、軽自動車でも問題なければ

普通車よりも安く抑えることが出来ますね。

 

そのあたりは生活の満足度が

どうかの観点から検討して決めましょう。

 

支出を減らすことに注力しながら生活の満足度は下げない

支出を下げることに注力しながら生活の満足度は下げない

生活の満足度が下がってしまうと、

その分ストレスが溜まり

発散するためにお金を

使ってしまうことになる恐れがあります。

 

食費は支出の大きな%を占める

食費は支出の中で大きな%を

占めている所が多いです。

 

食費で抑えるべきことは

  • 自炊をすること
  • 栄養をしっかりととること

 

栄養を取ることは、

めんどうなように感じるかもしれません。

 

しかし、納豆であればパックを

買うだけで調理する必要はありませんし、

ヨーグルトも同様です。

 

意外と安く簡単に栄養は取れるものです

 

外食やコンビニのものは高いからといって

栄養が取れるとは限りません。

 

自炊はめんどくさがらずに楽しめるかは

食費をコントロールするうえで大切です。

 

被服や靴代

ユニクロなどの安くて

品質の良い製品が増えてきました。

 

そのような所で服を揃えるなら

そんなにお金はかかりません。

 

靴もしょっちゅう買う訳ではないので

支出は結構抑えられるでしょう。

 

銀行の手数料

銀行の利子はほとんどつきませんが

お金を出すときに手数料を取られます。

 

ATMから毎回2~3万円の

一時的な金額を出す人がいます。

 

そのたびに手数料はかかっています。

 

時間帯や銀行によっても変わってきますが、

110円や220円が多いですね。

 

1回であれはそれほどではないかもしれません。

 

しかし積み重なれは大きくなります。

 

たかやん

手数料をいかに出来るだけ安くするかは出金を抑える近道といえます

 

できれば自分ルールを決めて

頻繁に出金して手数料を取られないように

心がけましょう。

 

例えば、降ろすときは1か月に使う金額を

1回だけ下すようにすれば

手数料が必要以上にとられることを

防ぐことができます。

 

 

ポイ活を利用する

スマホなどで買い物して

お得にポイントをゲットできる

機会が増えてきました。

 

ポイントも結構バカになりません。

利用できるところは利用していきましょう。

 

ただ一つ気を付けてほしいのが、

ポイントを得るために

お金を使わないように気を付けることです。

 

ポイントが多くつく日だからといって

必要ではないものを

いっぱい買わないように気をつけましょう。

 

 

支出を減らすために家計簿アプリで管理

支出を減らすために家計簿アプリで管理

家計簿をつかうのは、

アプリでも手帳でもどちらでも構いません。

 

支出を減らしたいならば

家計簿をつけることであなたが

何に使っているのかが明確になります。

 

  • 食費に結構つかっているなぁ
  • コンビニでよく買い物するんだよなぁ
  • 今月は無駄な買い物したなぁ

 

というのが分かることで

今後は、支出するときに

少しでも価値を考えて

行動できるような力がついてきます。

 

月の途中で使いすぎているときには

使いすぎに気付くことで

「今月は使いすぎているな、出費は控えないと」

と出費を抑制することにつながります。

 

うまく利用し、

出費を抑える1アイテムとして

検討してみて下さい。

 

支出を減らすために改善可能な方法まとめ

支出を減らすために改善可能な方法まとめ

支出を減らすために

改善可能な方法を解説しました。

  • 生命保険を見直す
  • 通信費を見直す
  • 車両関係費を見直す

主に固定費を抑えることが大切です。

 

家計簿をつけることで支出の状況が

明確になってくるので

どこに多く出費しているのか

分かってくるはずです。

 

支出を削ったために

生活の満足度が低下しないように

あなたにとっての価値の部分も抑えつつ

お金の使い方を考えてみましょう。

 

【関連記事】お金の使い方がわからないあなたへ【上手で賢いお金の使用方法】

 

この記事があなたにとって

ヒントになれば幸いです。

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)