退職は何ヶ月前に伝えるべき?【会社を辞める意思表示は早めに】

退職は何ヶ月前に伝えるべき?

  • どのくらい前に退職の意思を伝えるべきかわからない
  • どのようなタイミングで退職を伝えるのが良いのか
  • 退職の意思を伝えるときに気を付けることが知りたい

そのような疑問に答えます。

 

本記事の内容
  • 退職は何ヶ月前に伝えるべき?
  • 退職の伝え方
  • 退職を伝えるうえで気を付けること

 

退職するにあたって「何ヶ月前に

意思を伝えるのがベストなんだろう」と

考える人は多いと思います。

 

私の経験を踏まえて

詳しく解説していきます。

 

この記事を読むことで

あなたの状況、環境を把握したうえで

退職をスムーズに進めることが出来ますよ。

 

退職は何ヶ月前に伝えるべき?

退職は何ヶ月前に伝えるべき

退職に対する私の体験を話しつつ、

あなたに状況を当てはめてられるように

解説していきます。

 

正社員の場合

正社員であれば法律で

退職の意思を伝えてから14日経過したら

退職できることになっています。

 

ただ、後任の人探しや引継ぎのことを考えると

1~2か月前には伝えるのが良いでしょう。

 

 

たかやん

私の場合は2か月前に伝えました。

余裕をもって伝えてはいますが、後任がなかなか来なくて最後の方の引継ぎはバタバタでやめるまでに結局4カ月間かかりました

 

円満に早くやめる必要があるなら

早く伝える必要があるということです。

 

期間の定めがある人や契約社員の場合

契約社員の場合は正社員と同じように

退職ができない場合があります。

 

やむ負えない事情である場合を除いて

雇用契約に基づいて進めることになります。

 

契約の初日から1年以上が経過していれば

自由に退職することは可能です。

 

契約状況を基に、退職の日を

決めていくことになりますので

契約状況を確認しておく必要があります。

 

会社の環境・人の出入りの状況は事前に確認

会社の環境や人の出入り、

忙しい時期などによってもどのくらい前に

言うべきかは変わってきます。

 

  • 人が辞めても新しい人がなかなか入ってこない
  • 人が慢性的に足りていない
  • 仕事量が毎年増え続けている

 

そのような状況に当てはまる場合は

退職できるまでに時間がかかることを覚悟して

早めに伝えることを心がけましょう。

 

雇われて雇用契約を結んだ際に

雇用契約書をもらっていると思います。

 

雇用契約書に退職の内容が書かれている場合は病気などで継続することが難しい場合を除いてはできる限り契約に従いましょう

 

雇用契約書をなくしてしまった方も

いるかもしれませんがおそらく

1~3か月前くらいが多いと思われます。

 

仲の良い人に聞くなどして何らかの方法で

確認しておくようにしましょう。

 

退職の伝え方

退職の使え方

退職を伝えるときには必ず

所属の上司に伝えるが大切です。

 

直接、社長や所属の上司よりも

上の人に言ってしまうと、

所属の上司の顔をつぶすことに

なりかねません。

 

上司の機嫌を損ねることであなたにとって

不利益が生じる可能性が高いので

上司に伝えるようにしましょう。

 

退職の意思と同時にわたす書類に

退職願と退職届があります。

 

まず退職の意思を伝えるときは

退職願を渡す必要があります。

 

退職願:会社に対して退職を願い出るための文書

退職届:退職が承認された後に提出する文書

 

退職届をいきなり提示するもの可能ですが、

会社とのトラブルにもなりかねないので

手順を踏んで提出するのが良いでしょう。

 

退職を伝えるうえで気を付けること

退職するうえで気を付けること

退職をするときに注意しておかないと

後悔する可能性をあるものを

以下で解説していきます。

 

不満を言うことはさける

気持ちは分かりますし、

不満を言いたいこともありますよね。

 

たかやん

退職を伝えている上司に退職するために動いてもらうことになるので、気分を損ねることはやめた方が得策です

 

というのも相手の気持ちになれば

なんとなくわかるかと思いますが、

不満を言われてあなたを

少しでも困らせてやろう」という

気持ちを持たせないことが大切です。

 

もちろん、上司の性格次第

ということもありますが、

そのような上司もいるので注意が必要です。

 

嘘は言わない

できるだけ嘘は言わないことです。

 

嘘をつくべきではない理由は

会社とのトラブルに合う

可能性を防ぐためです。

 

たかやん

会社を辞めるとはいえ今後のあなたの人生に、まったくかかわって来ないかというと分かりませんよね

 

特に同じ業種に転職するなら

辞めようとしている会社が次に

転職するところにかかわっている

可能性が大いにあります。

 

あなたが損になることは

極力防ぐようにしましょう。

 

上司の引き止めがあっても屈しない

1度、退職すると決めたなら

上司が引き止めてきても説得に従わないことです。

 

もしかしたら、給料アップなど

待遇を良くすると言って

引き止めにあうかもしれません。

 

ただその話を素直に受け入れることは

やめた方がいいでしょう。

 

引き止めを受け入れるべきではない理由は

  • 1度退職の意思を示したことで人間関係が悪くなる可能性が高い
  • ちゃんと待遇が良くなるとは限らない

 

引き止めを受け入れても

上司にはまた何かのタイミングで

退職するのではないかと思われてます。

 

同僚にも、待遇が良くなることによって

人間関係が悪くなる可能性しかありません。

 

退職を言ったあとでは結果は

どちらに転んでも居心地が悪くなることは

覚悟しておきましょう。

退職のための準備と行動・まとめ

次の仕事がすでに決まっている場合は

いつから仕事が決まっていると

早めに、正直に言いましょう。

 

嘘を言っても最悪の場合、会社側とトラブルになる可能性もありますので、できるだけ正直に伝えることが望ましいです

 

職業選択の自由があるので、

1つの会社にしがみつく必要はありません。

 

感情で任せるのでなく、

あなたができるだけ損をしないように

退職をする参考にしてみて下さい。

 

この記事があなたのヒントになれば幸いです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)