時間の使い方が上手な人がしている7つの方法【知ってるだけで他と差がつく】

  • 大したことはしてないのに時間がかかる
  • やりたいことをする時間がない

 

忙しくてやりたいことをする時間が

なかなか取れないといった人は多いかもしれません。

時間うまく使えていない悩みを解決します。

 

本記事の内容
  • 時間の上手な使い方
  • 時間の使い方で重視するべきこと

 

たかやん

時間の使い方がわかるようになると

効率よく作業が進められて同じ時間でいままでよりも

多くの作業ができるようになりますよ。

 

時間の使い方が上手な人がしている7つの方法

時間を効率的に使えるように

時間の使い方が上手な人がしている7つの方法を

書き出しましたので以下で見ていきましょう。

 

優先順位を決める

特に時間が足りないと感じているときは

優先順位を決めると時間の管理がしやすくなります。

 

例えば新しく何かを始めようとしたときに、

どこかの時間を削る必要がでてくる訳です。

その時に優先順位を決めておくと優先順位の低いところを削れるということになります。

 

スキマ時間の活用

通勤時間やちょっとした待ち時間に

本を読んだり勉強したりすることは

スキマ時間の有効利用です。

 

1日にすれば10分や20分の短い時間かもしれませんが、

1か月継続すれば300分=5時間、1年継続すれば3600分=60時間になります。

 

たかやん

スキマ時間も無駄にはできない貴重な時間になりますね。

 

決断が速い

時間をうまく活用できている人は

長い時間悩んだり、長い時間考えていません。

しいて言うなら動きながら考えている感じです。

 

必要以上に考えることは時間の浪費につながってきます。

決断が速ければその分早く動き出せるので、他の作業を進めやすくなりますね。

 

他の人をうまく使う

自分自身の仕事量を考慮したうえで時間的が厳しいようなら

人をうまく使うということ。

 

時間が足りないなら、なんでも自分1人で済ませようと思わないことです。

とはいえ、自分でやった方がいいことも多いと思いますので、

他の人ができる作業を早めにお願いするのも時間の上手な使い方になります。

 

他の人をうまく使えるようになると時間のコントロールがやりやすくなるでしょう。

ただ、作業を押し付ける形にならないように注意しましょう。

 

 

時間の短縮方法を考える

同じ作業をやるにしてもやっていくたびに

作業が早くなったりしますよね。

 

それは知識の定着によって効率がよくなっているから、改善されているからです。

短縮できそうなところ改善してみて、無駄だと思えば省いて

間違っていれば元にやり方に戻せばいいので

工夫で時間の短縮をさがしてみましょう。

 

すぐに行動に移す

多くの成果を上げている人の話を聞くと

やはり行動が速い。

 

考えているのかなというスピード感でやっているところがありますね。

 

最初はもちろん成果を上げている人と同じようなスピード感で

やるのは難しいかもしれませんが、頭に中に意識するだけでも

違ってくると思いますので、意識して行動に繋げてみましょう。

 

自分の成長に時間を使うようにする

私の場合は家に帰ればとりあえずテレビをつけていました。

なんとなくテレビをつけるが習慣になっていたんですね。

 

見たいテレビがあるからという訳ではないのでこの点は考えてやめるようにしました。

自分の成長にならないと感じたわけです。

 

とはいえ、テレビも大事なのでリフレッシュしたいときや、

知識をいれたい勉強したいときには活用します。

 

ここではテレビを例に取り上げましたが、他にも

  • なにげなくしているゲーム
  • なにげなく行ってる飲み会
  • なにげなく寄ってるコンビニ

 

なにげなく使っている時間が無駄な時間と感じるなら

極力省いて自分の成長に時間を注いでいきましょう。

 

たかやん

なんとなく、なにげなくやっているところから見直してみましょう。

 

時間の使い方で重視するべきこと

重視するべきことは自己投資に時間を使っているかということです。

 

自己投資もいろいろありますね。

  • 健康のためにジムに通う
  • 本を読む
  • スキルを得るために勉強する

 

自分自身の成長には自己投資が不可欠です。

自己投資の部分はお金の面でも時間の面でもケチっていると、

将来的なメリットが得られないので若いうちから

始めるべきだと思っています。

 

自己投資できていない人は別記事にて注意点も解説していますので

参考にしてみてください。

おすすめの自己投資5選【大切な部分と注意点も解説】

 

時間がうまく使えるようになると出来ることが増えていく

当然ながらやってることが早くこなせる様になると

いろいろと出来ることが倍々的に増えていきます。

 

まず無駄な時間がないか確認するところから始めて

自分の身になるように転換させていく

少しずつではありますが時間の使い方がわかってきますよ。

 

時間の上手な使い方を7つ挙げました。

  • 優先順位を決める
  • スキマ時間の活用
  • 決断が早い
  • 他の人をうまく使う
  • 時間の短縮方法を考える
  • すぐに行動に移す
  • 自分の成長に時間を使うようにする

 

少しずつでも取り入れることによって

時間の有効活用ができれば同じ時間で密度が濃くなるので

試してみてほしいなと思います。

 

この記事が時間の使い方のヒントになってくれたら幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)