考える時間を失わないためには【ネガティブは最小限に】

  • 考える時間の有効な使い方を知りたい
  • 考える時間が大事なの?

そんな疑問に答えます。

 

日々、人は何かを考えて行動してるかと思いますが、

無意識のうちにやってることがほどんどだと思います。

考える時間をうまく使えるように分かりやすく解説していきます。

 

本記事の内容
  • 考える時間を失わないためには
  • 考える時間が大事な理由
  • 考える時間の有効利用

 

考える時間をうまく使えることで、ストレスはたまりづらくなり

ポジティブに前に進めるようになります。

 

考える時間を失わないためには

【結論】悩む時間、不安な時間を最小限にすることが大切。

 

なぜ、こういうふうに言うのか説明すると

悩む時間、不安な時間って結構同じ原因の内容のことが

ぐるぐると頭の中で考えてしまっていることが多いです。

 

ぐるぐると不安や悩みが渦巻いてしまっている訳です。

これでは考える時間は不安や悩みに奪われます。

 

最小限の悩みや不安は未来のための頑張りの原動力になったりしますから、

全部なくせば良いとは言いません。

 

毎日のように同じ原因の悩み、不安を解消する方法として

大事なことは「環境を変える」ことです。

 

例えば

  • 仕事を変える
  • 引越しをする
  • 会う人を変える(人間関係)

 

この辺りを変えることで少しは変わってくるかもしれません。

環境を変えることで、周りの見え方やあなたの考え方、

考える時間の使い方が変化することにつながります。

 

 

考える時間が大事な理由

考える時間が大事なのは自分の知識を用いて頭を動かすことで

なんらかの「気付き」を得られるかもしれないからです。

 

気付きは考えることで生まれたりもしますが、

本を読んだり、友人と話したりすることで

生まれることもあります。

 

簡単に言うと友人から欲しい服の

お得な割引情報を聞いて気づきを得る。

実際に割引情報を実行してみて欲しい服を安く買えたといった感じです。

 

友人からの情報がなければ服は高い状態で買っていたでしょう。

気付きを得ることでお得に買うことが出来ました。

 

考えることで解決できることもあれば、

やってみなければわからないことも多いです。

 

考えて続けても現実世界には何も変化はありません

考えることの大切さを述べてきましたが、

動くための第1歩と捉えることも必要です。

考えて試してみるしかありません。

 

 

考える時間の有効利用

考える時間を有効利用する方法はポジティブな考えを多くすることです。

上記で言った悩みや不安は最小限にして前向きな考えをする必要があります。

 

別記事にポジティブな考えをまとめていますので参考にしてみて下さい。

ポジティブマインドで楽しい人生に好転させる5つの方法

 

出来れば行動につながる考え方をすると

考えを行動に移してそこで出てきた問題に対して

考えて修正し行動しなおすということが

考える時間の有効利用です。

 

考える時間を有効利用するきっかけにしてほしいこと

  • 本を読む
  • 運動をする
  • 栄養に気を遣う
  • 自己投資をする
  • たまにはリフレッシュする

 

この記事で考える時間をどう使えば良いのかのヒントになれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)