ストレスなく節約するたった1つの考え方【自分優先で出費を抑える】

  • ストレスを抱えることなく節約したい
  • 節約をやるからには短期間でやめたくない

 

確かに節約できてもストレスが

溜まってしまうなら楽しく生活はできません。

 

節約を始めたい人がストレスが原因で続かなかったり、

ストレスの反動で過剰に浪費してしまう人は多いように思います。

 

本記事の内容
  • ストレスなく節約するたった1つの考え方
  • 無理なく節約を続けるためには

 

たかやん

この記事を読むことでストレスを極力溜めないやり方で

無理しない節約をすることができますよ。

 

最初に結論から言うと、「見栄を張らないこと」です。

以下で内容を解説しますね。

 

ストレスなく節約するたった1つの考え方

見栄を張らないことが必要な考え方になります。

たかやん

見栄は張らずに捨てましょう

 

見栄をはってしまうことは色々ありますが例えば、車や服や家があります。

人からどう見られるかを気にして買っていませんか?

車は新車を買わないとダメですか?

もし移動に必要だというのであれば中古車でも移動はできます。

 

実際に比べられないのでわかりにくいかもしれませんが、

人に良く見られたいという思いが働くことで

出費することがなかった金額を無意識に

払っているかも知れないということを認識しておきましょう。

 

たかやん

どれだけ見栄を張らなく出来るかで出費は軽減できます。

 

自分のために必要なものか考えるだけでお金の使い方も変わってきます。

無理なく節約する考え方は見栄を張らないことを意識しましょう。

 

 

無理なく節約を続けるためには

せっかく節約をはじめるなら長くできた方が良いですよね。

あなたのなかで無理しないような節約をするということが大切になってきます。

  • 無駄使いをしていないか
  • メリハリをつけること
  • 値段よりもあなたにとっての利点を重視して製品を買う

以上3つを解説していきます。

 

無駄使いをしていないか

無駄使いといっても色々あります。

  • 行く必要がないと感じている飲み会
  • 見ない使わないのに契約しているサービス
  • 安いからという理由だけでとりあえずセール品を買ってしまう

 

たかやん

無駄使いを明確にしたい場合は家計簿をつけるのが一番いいですよ。

 

家計簿をつけると何にどのくらい使ったかわかるので、

「使いすぎてるなぁ」とか「これは買う必要なかったなぁ」と

分かってきます。

 

家計簿をつけるのはめんどくさいかもしれませんが、

最初は節約できることが見つかることで楽しくなりますよ。

 

 

メリハリをつけること

節約をしようとすると「頑張って節約しなきゃ」と思う気持ちが

当然出てくると思いますが、節約は長く続けていれば大きな効果が出ますので、

無理せずにたまには自分にご褒美を与えることも大切です。

 

例えば、月5000円節約出来たらを美味しいものを食べに行こうなどです。

ずっと節約ばかりでは苦しくなる時もあるかもしれないので、

たまにはご褒美をあげて節約にメリハリをつけましょう。

 

とは言っても、節約した以上にご褒美を与えないようにコントロールしないと

節約した意味がなくなりますので気を付けてくださいね。

 

値段よりもあなたにとっての利点を重視して買う

つい安いものがあれば飛びつきたい気持ちはわかりますが、

物を買う時は長い目線で買う事が大切になります。

 

特に長期で使っていくようなものは安さよりも

自分にとって何が便利で役に立つか考えて買うべきです。

 

高い方を買ったら節約にならないかもと考えるかもしれませんが、

満足度が高ければ、結果的に長く使う事になります。

目に見えにくい部分ではありますが、結果的に出費を減らせる

可能性が高いと感じます。

 

日々過ぎ去ってる時間も大切なものですのであなたにとって良い製品を買う事で

無駄な時間が削減できるならば高くても長い目でみると節約できます。

浮いた時間は自由につかえるので効果的です。

 

たかやん

製品やサービスがあなたにとって、どのくらいの物の価値を重視しつつ

無理しない金額はどこまでか判断しましょう。

 

関連記事

食費は節約しない方が良い3つの理由【無理しない節約方法も紹介】

まとめ

ストレスなく節約するたった1つの考え方を解説しました。

見栄を張らなくすることで節約ができます。

すべて取り払うのは難しいかもしれませんが、自分優先で考えることで

自身の満足度も変わるので無理なく節約できると思います。

 

あと無理なく節約を続けるためにどうしたらいいのか3つ解説しました。

  • 無駄使いをしていないか
  • メリハリをつけること
  • 値段よりもあなたにとっての利点を重視して製品を買う

 

お金の管理をすることで見える化でき無駄使いが減らせる。

メリハリをつけることで、ストレスたまりづらくして継続させやすくする。

 

製品は高い安いで決めるのではなくあなたにとって

必要な機能があるか使い勝手が良いかで判断することです。

その後に現実的にどこまでお金を出せるかで決めていくのが

良いかと思います。

 

たかやん

節約は頑張る必要ありません。

一緒に楽しく節約しましょう。

 

 

考え方がきっかけで節約のヒントになってくれたら幸いです。

お読みいただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)